だいじろうの大好きな日々
だいじろうの大好きな演劇、テレビ、いろいろなことをつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
演劇ぶっく2月号
少し遅れましたが「演劇ぶっく 2009年 02月号」を買いました。
表紙は宮沢りえさんと松たか子さんです。
2人の雰囲気がなんだか似ていて、思わずじ~っと見てしまいました。
巻頭が宮沢りえさんと松たか子さんのインタビューでした。
NODA・MAPの「パイパー」に出演するそうです。
「パイパー」は1000年後の火星のお話だそうで、宮沢さんと松さんはそこに住む姉妹ということでした。
2人の仲のよさが伝わってくるインタビューで、ほのぼのと読みました。
ウーマンリブ「七人は僕の恋人」の舞台写真がたくさん載っていて、思わずうれしくなってしまっただいじろう。
よくわからない、でも絶対おもしろかったであろう雰囲気が伝わってきます。
出演していた女優陣のお話もおもしろくて、見たかったな~と思いました。
「イリュージョンコミック 舞台は夢」の舞台写真とともに、秋山奈津子さん、高田聖子さん、田島令子さんのインタビューがありました。
この秋山奈津子さんの笑顔を見た瞬間にだいじろうは、「演劇ぶっく」を買うことにしました。
舞台写真が少なかったのがちょっと残念ですが、お話はおもしろかったです。
今回のロングインタビューは段田安則さんでした。
子供のころの話から、どうして俳優になったのか、どういうふうに役を演じているのかというお話がじっくり聞けて、とってもよかったです。
ほかにもたくさんの舞台の写真とお話をじっくり読みましたが、とても満足でした。
だいじろうは演劇ぶっくの舞台写真の感じがとっても好きなので、何度も見てしまいます。
来月号は演ぶチャートの発表もあるようなので、それもまた楽しみです。

スポンサーサイト

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

LOOK at STAR(ルックアットスター)2月号
お正月休みのあいだに「LOOK at STAR ! (ルック アット スター) 2月号 」を本屋さんに探しに行きました。
ステージレポの「冬の絵空」にまずはくいついただいじろう。
細かく見えなかったところや、何役も演じた部分の誰が誰だかわからなかったところの役者さんを確認しました。
その後、じっくりレポを読みました。
読んでいるといろいろ思い出して、ドキドキしてきます。
大石内蔵介役の橋本じゅんさんのインタビューもありました。
大石役は巣の自分でいようと思って舞台に立っているそうです。
ほかには気になっていた「舞台は夢 イリュージョンコミック」のレポが読めてうれしかったです。
「鉄人28号」の対談もありました。
個性的な方に囲まれて、池田成志さんが普通に見えたことが、なんだかおもしろかったです。
「風が強く吹いている」もだいじろうが気になっているお芝居。
出演者に黄川田将也さん、渋江譲二さん、Studio Lifeの松本慎也さんとだいじろうが好きな役者さんが多く出ているのです。
少しですが「風が強く吹いている」に関する記事が読めてよかったです。
今回もたくさんのだいじろう好みの記事があって、大満足でした。

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

Best Stage (ベストステージ) 1月号
先日、読んだ「Best Stage (ベストステージ) 2009年 1月号」。
いろいろ盛りだくさんでした。
まずは最初のお知らせのところにあった「メカロックオペラ R2S2」がとっても気になりました。
宮藤官九郎さん作・演出でとてもおもしろそうです。
誌上公演の「昭和島ウォーカー」は細かい説明もついていて楽しめました。
上川隆也さん主演の「表裏源内蛙合戦」の舞台写真が少しでしたがありました。
気になっていた舞台だったので見られてうれしかったです。
舞台は夢 イリュージョンコミック」から高田聖子さんと秋山奈津子さんの対談がありました。
お話が難しいようで、稽古で悩みつつ・・というお話でしたが、稽古場の雰囲気のよさが伝わってきました。
2人はいろいろな舞台で共演していますが、そのぶん仲も良いようで読んでいても楽しい対談でした。
これから春に向けて、まだまだたくさん楽しみな舞台があるので、来号もまた待ち遠しいです。


関連記事
演劇雑誌

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

LOOK at STAR!1月号
LOOK at STAR ! (ルック アット スター) 2009年 01月号」を読みました。
まずうわっと来たのが堤真一さんと秋山奈津子さんの対談です。
以前記事にも書いた「舞台は夢 イリュージョンコミック」のお話をしていました。
せりふに悪戦苦闘している様子が伝わってきます。
稽古場の写真もふんだんにあって、稽古場の雰囲気が感じられました。
その次は「冬の絵空」の稽古場の様子が載っていました。
見に行きたかった舞台なのでだいじろうも興味津津です。
Studio Lifeの「死の泉」、「パサジェルカ~女船客~」の稽古場写真もありました。
マンスリーQにもLifeのメンバーが、特に石飛幸治さんが出ていてとってもうれしかったです。
とにかく稽古場の写真が本当に多かった「LOOK at STAR ! (ルック アット スター) 2009年 01月号」。
これだけたくさん載っているのは珍しいのでは、と思います。
その分読み応えも充分でした。



関連記事
演劇雑誌

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

Look at STAR 12月号
お友達にだいじろう好みの役者さんがたくさん載っている!と教えていただた「Look at STAR 12月号」を全部読みました。
とにかくインタビューや対談の人選が素晴らしくて、すみからすみまでじっくり楽しみました。
特に「昭和島ウォーカー」の粟根まことさん、福田転球さん、中山祐一朗さん、井ノ原快彦さんの対談は粟根さんの仕切りっぷりがいいな~と思いつつ、発見があったりで、おもしろかったです。
池田成志さんと宮藤官九郎さんの対談は2人の雰囲気をとても感じることができました。
舞台「七人の恋人」のお話が中心でした。
あとは、白井晃さん、高泉淳子さん、陰山泰さんたちの「ア・ラ・カルト~役者と音楽家のいるレストラン」の話もおもしろかったです。
この舞台は20周年を迎えるそうで、白井さんたち3人がずっと積み重ねてきたものが感じられる対談でした。
これはぜひ見てみたいな、と思いました。
他には森山未来さん、加藤雅也さんにインタビューなどがありました。
久しぶりに「Look at STAR」を買ったのですが、ずいぶん変ったように思いました。
よりだいじろう好みになったような気がします。
対談やインタビューが舞台を中心に活躍している方が増えてきたからです。
これからは欠かさずチェックしていきたいと思います。

Amazonで「Look at Star」を購入する

 

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。