だいじろうの大好きな日々
だいじろうの大好きな演劇、テレビ、いろいろなことをつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
村田充さん(仮面ライダー響鬼)
DVD「仮面ライダー響鬼第7巻」の特典のインタビューが童子役の村田充さんと姫役の芦名星さんでした。
村田充さんは童子のときしか見たことがなかったので、素の村田さんを見るのがとても楽しみでした。
童子と姫の役は最初はとても難しかったようでいろいろと苦労したようです。
でも役に真摯に向き合っている様子がとても素敵でした。
村田さんのブログも好きでよく行くのですが、少し不思議な雰囲気が漂っています。
ブログの中では俳優の村田さんだけではなく、いろいろな面を見ることができます。
それがまたなんともいえず素敵です。
スポンサーサイト

テーマ:仮面ライダー響鬼 - ジャンル:テレビ・ラジオ

仮面ライダー響鬼 最終之巻「明日なる夢」
いよいよ「仮面ライダー響鬼」が最期を迎えました。
最終話を見て、いろいろと思うところはありますが、最後ということで、あえてそれは胸にしまいたいと思います。
だいじろうは最後のシーンですべておさまったのでは、と思います。
ヒビキさんと明日夢くんが出会ったところから、すべて始まりました。
そしてまた2人が出会いました。
ヒビキさんが言った、出会ったときから明日夢くんはヒビキさんの弟子だった、という言葉がだいじろうはうれしかったです。
そして今度は心の弟子、人として生きていくうえでの弟子と師匠、という関係になりました。
だいじろうはそれでいいと思います。
毎週日曜日の朝、「仮面ライダー響鬼」は楽しく素晴らしい時間をくれたと思います。
いつも見るたびに力が入って、真剣に見ていました。
こんなに熱中したドラマは久しぶりです。
またこんなに楽しいドラマにまたいつか出会えることをだいじろうは楽しみにしています。
仮面ライダー響鬼四十七之巻「語る背中」
いよいよ残り2回になりました。
明日夢くんはますますパネルシアターのほうにのめりこんでいる感じで、京介くんとの差がどんどん開いていっています。
2人が弟子になるとき、京介くんはなりたい、という気持ちを強く感じましたが、明日夢くんは京介くんにひきづられるように弟子になった気がしました。
そのことがずっと気になっていたのですが、今になってその差が影響しているように思います。
やっぱり京介くんが弟子として残って、明日夢くんは離れていくのでしょうか。
ヒビキさんにも突き放されてしまいました。
でも明日夢くんは成長していると思います。
ヒビキさんの言葉からしっかりいろいろなことを学んで、それを自分にとりこんでいるからこそ迷いが出るのではないでしょうか。
ヒビキさんもそこのところは認めているようです。
来週、明日夢くんがどんな答えを出し、ヒビキさんとの関係がどうなっていくのか楽しみです。


仮面ライダー響鬼関連
映画版「仮面ライダー響鬼」
昨日、劇場版「仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼」を見ました。
ちょうど響鬼に夢中になったのと、映画が公開された時期が重なっていて、結局、だいじろうは見にいけなかったのです。
最初の戦いのシーンで、なぜ明日夢くんと戦いにいくの?と疑問に思ったのですが、
できればテレビ版もこのようになってくれるとうれしいです。
新たに出てきた鬼たちもそれぞれ個性があって、見ていて楽しかったです。
残念なのは歌舞鬼さんが死んでしまったことです。
できれば身内の中から悪役は出てほしくなかったです。
明日夢くんともいい関係だったし・・。
あと、明日夢くんのお兄さん役で細川さんと仲がいい小泉孝太郎さんが出ていて、ちょっと驚きました。
アクションシーンも豊富で映画館に見に行かなかったのを後悔しました。
テレビともつながっているところもあって、とても楽しめたと思います。


劇場版「仮面ライダー響鬼」関連
仮面ライダー四十六之巻
2週間あいだがあいて、まちに待った「仮面ライダー響鬼」。
最初からいきなり明日夢くんの心のゆれが感じられました。
一方の京介くんは前回のことで自信がついたのか、めきめきと力をつけています。
明日夢くんは大丈夫なのでしょうか。
だいじろうは1番明日夢くんに弟子になって欲しかったのです。
鬼の人たちの間ではオロチを鎮めるためにイブキさんが命をかけて清めの儀式を行うことになりました。
ザンキさんが亡くなったばかりなのに、イブキさんまでそんな状況になってしまうなんて、つらい展開だと思います。
放送はあと2回になりました。
だいじろうにはまだ最後が見えません・・・。


仮面ライダー響鬼関連
*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。