だいじろうの大好きな日々
だいじろうの大好きな演劇、テレビ、いろいろなことをつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プラスアクト.18(2008)
先日本屋さんに行った時、思わず手に取った本が「+act. 18 (2008)」です。
表紙の小栗旬さんの表情がなんとも言えなくて・・・。
特集のページも一気に読みました。
小栗旬さんのインタビューが中心なのですが、小栗さん自身の言葉がなんとなくだいじろうにつきささるような感じでした。
小栗さんの心の中の本当の言葉を引き出すようなインタビューだと思います。
読んでいてとても考えさせられました。
実はこの「+act(プラスアクト)」という本は今回初めてきちんと読んだのですが、こんなにいい本が、だいじろう好みの本があったんだ!と読みながら、うれしくなりました。
俳優さんを取り上げた本なのですが、他にも上川隆也さん、水嶋ヒロさん、内野聖陽さんのインタビューなどがあり、夢中で読んでしまいました。
これからは毎号チェックしたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

キネマ旬報11月下旬号(堺雅人さん)
キネマ旬報 2008年 11/15号 [雑誌]」では「実存演者・堺雅人・考」と題して、堺雅人さんを特集していました。
今年は出演した3本の映画が公開されたり、大河ドラマ「篤姫」の徳川家定が好評だったりと、波に乗っている感のある堺さん。
かかわった監督さんなどのインタビューも交えながら、堺さんの人柄を浮かび上がらせていました。
出演作品を見ていくと、テレビ、映画、舞台と活躍の幅がずいぶんと広いんだな~とあらためて思います。
だいじろうは堺さんのほんわかとした演技がとても好きです。
でも「クライマーズ・ハイ」のするどい演技にはびっくりしたものの、演技の幅を感じて、あらためて素晴らしいと思いました。
ぜひ1度、舞台の上の堺さんを見に行ってみたい、というのが今のだいじろうの一番の願いです。

テーマ:気になる芸能人 - ジャンル:アイドル・芸能

ローソンチケット ENTA版 11月号
昨日、ふと思い出してローソンに行って「ローソンチケット ENTA版」11月号を取ってきました。
今号の表紙は綾瀬はるかさんです。
地元出身の方なので、なんだかちょっとうれしくなりました。
インタビューは10月25日から公開の「ICHI」についてです。
かなり殺陣をがんばったということで、見ごたえのある映画のようです。
演劇のほうは「ギンギラ太陽’s」の2度目の東京公演がとりあげられていました。
テーマは0系新幹線の引退だそうですが、インタビュー記事の写真も新幹線のかぶりものでした。
前回の東京公演もかなり反響があったようなので、今回もまた人気があるのでは、と思います。
公演情報にはたくさん気になるお芝居が載っていましたが、やはり一番気になるのは「いのうえ meets シェイクスピア『リチャード三世』」です。
古田新太さんがリチャード三世を演じるのですが、他にも安田成美さん、榎木孝明さん、と素晴らしい方ばかりですので、見ごたえのある舞台になるのだろうな~、と想像しつつ、読みました。
今回紹介されていた公演は地元上演のものがないのでそれが非常に残念ですが、見に行かれた方の感想を楽しみにしたいと思います。
ちりとてちんメモリアルブック
「ちりとてちんメモリアルブック」の発売日の2,3日後にのほほんと本屋さんに向かっただいじろう。
するとなんと!売り切れでした・・・。
あわててあちらこちら探したのですが、みんな売り切れ。
ネットで探すもこちらも売り切れが多い・・・。
結局、近くのNHKに直接買いに行きました。
おうちで早速わくわくしながらページをめくるとまずはお話の各場面の写真が載っています。
その最初の写真ところでもう涙が・・・。
ステラのインタビューをはさみながら、各週のあらすじが写真とともに載っているのですが、そちらのほうも泣きながら読みました(苦笑)
なぜか草若師匠の写真を見ると泣いてしまうだいじろう。
でも草若師匠役の渡瀬恒彦さんのステラのインタビューはとてもうれしかったです。
全セット紹介でもひとつひとつのお部屋を改めて確認します。
四草さんのお部屋はつい食い入るように見てしまいました。
ステラ記者のK友さんのところではうらやましい・・と思いつつでも大変さを感じたり。
壁を蹴破ってのプロポーズのシーンはあらすじを読むだけでまた感動しました。
そして草若師匠がなくなる週のあらすじを読んで、また号泣。
そのごろにはタオルが手放せなくなっていました。
<ちりとてちん>の疑問のところでは九官鳥の平兵衛の声を加藤虎ノ介さんがしているのを知り、驚きました。
スタッフ日記やオフショットなどもしっかり見ました。
そして本を閉じるとDVDの宣伝が・・・。
あらすじを読むたびにDVDがほしくなります。
全部を確認したくなるのです。
見ていない部分も多いし、総集編でもカットされている部分もたくさんあります。
あらすじは全週、とても細かく載っていてうれしかったです。
写真もいっぱいあったし、ステラのインタビューがもう一度見れたり、それに対するコメントもよかったです。
ステラインタビューはインタビューそのものと、当時を振り返ってそれぞれコメントがありましたが、それもいろいろな気持ちを知ることができてよかったです。
この本は買って本当によかったです。
そして「ちりとてちん」はあらためていいドラマだったんだな、と心から思いました

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ

ちりとてちん めいっぱい!(ステラ5/9日号)
今週の「ステラ」には中とじで「ちりとてちん」の特集がありました。
実はうっかりしていただいじろう。
売り切れもあるらしいと聞き、あわててNHKに直接買いに行ってきました。
中は「視聴者が選ぶ!心に残る名場面」、貫地谷しほりさんのインタビュー、「落語ここにもあそこにも」、「セット大解剖」、「徒然亭4兄弟座談会より未公開トーク!」ともりだくさんでした。
名場面のコーナーでは読むだけで、涙がわいてきました。
見ていないシーンも結構あったのですが、前後の話や放送後のスペシャルなどで見たところもあり、これはやっぱり全部見たいな、と心から思いました。
「落語~」のコーナーもひとつひとつ読むと、こんなところにも落語が潜んでいたのか、とかちゃんとわかっていなかった落語の内容もよくわかって、とても得した気分になりました。
ドラマのあまりの奥の深さにあらためて感動しました。
今月には完全版の第1弾が発売されます。
レンタルもあるようなので、どうにかして全部見れたらいいな、と思っています。

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ

*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。