だいじろうの大好きな日々
だいじろうの大好きな演劇、テレビ、いろいろなことをつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鑑識・米沢守の事件簿(相棒シリーズ)
ドラマ「相棒」の始めてのスピンオフが「鑑識・米沢守の事件簿」です。
スピンオフ映画が作られる、というのは知っていたのですが、公開がいつか、までは知りませんでした。
主人公はドラマ「相棒」でも人気の六角清児さん演じる鑑識課の米沢守さんです。
物語は「相棒」の映画の舞台のマラソン大会の捜査現場から始まります。
でも事件はまったく別のものです。
その事件に絡んで米沢さんと行動をともにしていく刑事は萩原聖人さん。
今まで、ドラマの中ではあまり出てくることがなかった鑑識の細かい部分や米沢さん自身が見られそうで、予告の動画を見ただけでもわくわくしてきます。
もちろん「相棒」シリーズの面々も登場するみたいで、そちらも楽しみです。
公開は3月28日(土)から。
少し先ですが、今から待ち遠しいです。
スポンサーサイト

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

少年メリケンサック
先日、シネコンの前を通りかかかったときのこと。
宣伝の映像の前でふと足が止まりました。
なんと三宅弘城さんがモヒカン頭でドラムをたたいています。
なんだ~?!と思わず食いついただいじろう。
それは映画「少年メリケンサック」の映像でした。
なんだかとても面白そうな映画です。
家に帰って早速公式HPを見てみたところ、宮藤官九郎さんが脚本・監督ということで、さらに興味が増しました。
主人公は宮あおいさん。
昔のバンド映像がネットで人気が出てしまったために、全国ツアーをするおじさんパンクバンドと行動を共にするレコード会社のOLのお話のようです。
おじさんパンクバンドのメンバーがまた素晴らしいのです。
田口トモロヲさん、佐藤浩市さん、木村祐一さん、三宅弘城さんの4人。
だいじろうは佐藤浩市さんのパンクな頭を見ただけで、この映画、絶対見たい!と思いました。
公開は2月14日(土)。
とっても楽しみです。



テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

映画「誰も守ってくれない」
先日、映画館に行ったときのこと。
ロビーに大きなスクリーンがあり、予告を流しているのですが、偶然目にしたそのスクリーンに映っていた映像に目が釘付けになりました。
映っていたのは佐藤浩市さんです。
その表情がなんともいえなかったのです。
映画「誰も守ってくれない」の予告でした。
お話はある殺人事件の犯人として逮捕された少年の妹とその妹を保護する刑事のお話です。
妹役は志田未来さん、刑事役が佐藤浩市さんです。
お兄さんが犯人として逮捕されたことから、マスコミ、世間からとことん追われる妹をとまどいながらも守っていく刑事としての佐藤浩市さんの表情がなんともいえなかったのです。
予告を全部見るのがつらくなるくらい、重いお話のようでした。
正直なところだいじろうはこの映画を映画館で見られる自信がなくなるくらい予告だけで悲しくなりました。
でも実は希望を描いているというこのお話。
最後はきっとそれまでのつらさを救ってくれるのではないか、という期待もあるのです。
映画の公開は1月24日から。

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

K-20(怪人二十面相・伝
昨日、用事があり映画館にいったところ、ずっと気になっていた映画「K-20 怪人二十面相・伝」のチラシがあったのでもらってきました。
だいじろうは子供のころから江戸川乱歩さんの「少年探偵団シリーズ」のお話が大好きだったので、思わずひかれてしまったのですが、今回の映画の原作は北村想さん原作の「怪人二十面相・伝」です。
そしてもうひとつ強烈にひかれたのが明智小五郎を演じるのが仲村トオルさん、というところです。
とっても似合っている!と思ってしまいました。
TOHOシネマズにあった「TOHOシネマズマガジン」の松たか子さんのインタビューによると、アクションもかなりあったようでうですし、昔の街の風景の映像なども気になります。
公開は12月20日(土)から。
出演は金城武さん、松たか子さん、仲村トオルさんほか・・・です。
公開が今からとっても楽しみです。

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

「鈍獣」映画化!
以前、舞台で上演された宮藤官九郎さん作「鈍獣」が映画化されるそうです。
映画版の脚本も宮藤官九郎さんで、主演は浅野忠信さんです。
舞台版はだいじろうも見に行きました。
出演は池田成志さん、古田新太さん、生瀬勝久さん・・他です。
正直なところ、舞台を見ながら混乱してしまっただいじろう。
後からいろいろ思い返してやっと納得できました。
そして今回の映画化のニュースで初めて知ったこと。
それは池田成志さんが主役だった!ということです。
なんとなく3人ともが主役のように思えていたのですが、成志さんの演じた「何度殺されても死なない鈍感な男」が主役でした。
その役を映画では浅野さんが演じるそうです。
成志さんがとても強烈だったので、浅野さんが演じるとどうなるんだろう・・と不思議な気持ちになっただいじろう。
まだ映画の詳しい情報がわからないのですが、今からとても楽しみです。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。