だいじろうの大好きな日々
だいじろうの大好きな演劇、テレビ、いろいろなことをつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダブリンの鐘つきカビ人間
何ヶ月も楽しみにしてきた「ダブリンの鐘つきカビ人間」。
今日、観て来ました。
期待が大きかった分、どうだろうという気持ちもあったのですが、
それを裏切らないとてもおもしろい作品でした。
後藤ひろひとさんの作品は初めてだったので不安もあったのですが、
最初からその不安は吹き飛ばされました。
とにかくテンポがよく、たくさんの笑いと切なさと悲しみが入り混じったお話でした。
姜暢雄さんは声がかすれていて、ちょっと心配でしたが、情けないながらも愛嬌のある聡を演じていました。
及川健さんは私の知らない男っぽい、でも人間くさい天使を演じていました。
池田成志さんは期待通りの怪しくて、いやらしい市長を演じていました。
笑いの中心になることも多くて、なんだかうれしかったです。
他の役者さんたちもみな素晴らしく、だいじろうに新たな楽しみをくれました。
特に後藤ひろひとさん。
この人の作品を、もっと、もっと観たいと思いました。
次の作品が今からとても楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

渋江譲二さん
今日は朝からDVDで「マジレンジャー」、「仮面ライダー響鬼」、「セーラームーン」と特撮三昧の一日でした。
その中でも特に気になったのが、渋江譲二さんです。
「仮面ライダー響鬼」ではイブキさんを、「セーラームーン」ではタキシード仮面、さらにDVDに渋江さんのインタビューもあって、いろいろな面を見ることができました。
タキシード仮面は少し暗く、きつめの顔をしているので、今のイブキさんとはずいぶん違って、同じ人がしているように見えませんでした。
インタビューを見ていると、本当の渋江さんはどちらかというとイブキさんに近いようです。
役についてまじめに語っている姿がとてもすてきでした。
これからもたくさんの役を演じていくのでしょう。
それが今からとても楽しみです。
原点
だいじろうがお芝居を見るようになったのはもうずいぶん前のことです。
高校生のとき、ある番組で寺脇康文さんという役者さんのファンになりました。
いろいろと情報を探していると寺脇さんはスーパーエキセントリックシアターという劇団の人だとわかりました。
そこには岸谷五朗さんという面白い人がいて、深夜番組やラジオにでていました。
2人のファンになっただいじろうについに生で会えるかもというチャンスがやってきました。
劇団の公演がだいじろうの住んでいる所であることがわかったのです。
ファンになってから3年後でした。
どきどきしながら初めてお芝居を観に行きました。
でも彼らはいませんでした。
公演の直前に退団して2人で「地球ゴージャス」というユニットを立ち上げたのです。
さらに6年後、またチャンスがやってきました。
ついに地球ゴージャスの公演がだいじろうの住んでいる所であることがわかりました。
しかし、日程発表を聞いてがっかりしました。
その日はなんとだいじろうの出産予定日だったのです・・・。
結局、いまだに彼らとは会うことができていません。
けれど彼らを見たい一心で買った演劇雑誌でたくさんの劇団を知り、公演に行きました。
だいじろうのお芝居好きの原点は寺脇康文さんと岸谷五朗さんなのです。


寺脇康文さん関連

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

イベント
いよいよ明日、京都の東映太秦映画村で「仮面ライダー響鬼」のイベントがあります。
ヒビキさん、イブキさん、トドロキさん、ザンキさんの4人が参加するそうです。
ヒビキ役の細川茂樹さんがHPでイベントに対する意気込みをつづっていました。
「いけなかった方が「行きたかった!」と思えるイベントしてきます。」とありました。
だいじろうもいけない人の1人です。
この文章を読んだだけでもう「行きたかった!」と思ってしまいました。
「仮面ライダー響鬼」も最終回が近づいてきました。
イベントにいけない分、まずは明日の放送で楽しむことにします。

やっと見つけました。
以前からずっと探していた村田さんの日記をやっと見つけました。
村田充さんは「仮面ライダー響鬼」でスーパー童子を演じている役者さんです。
響鬼関連のいろんなブログで村田さんの日記の話が出てきてどうしても見たくてかなり探しました。
実際に読んでみると響鬼のことや出演者のこと、自分自身のこと、他にもいろいろなことが書かれていて、新しい発見がたくさんありました。
映画の「海猿」や「GO」などたくさんの作品に出演されていることも日記を探していく中で知りました。
「仮面ライダー響鬼」の中の村田さんはとても怪しくて、不思議で、いい雰囲気をかもし出しています。
この間の放送では最後のほうで童子達が気になる台詞を口にしていました。
これからのスーパー童子も注目です。
春の雪
今日、映画「春の雪」を見てきました。
思わず涙してしまうシーンもあり、とてもよかったです。
先日見に行ったある映画の前に「春の雪」の予告があったのですが、とても映像がきれいでそれも期待していたのですが、全部のシーンがとても美しかったです。
いろいろといいところはありましたが、その中でも特に男の友情がだいじろうの心を打ちました。
主人公の友人を演じた高岡蒼佑さんがとても素敵で、だいじろうは高岡さんのことは知らなかったのですが、他の作品もいろいろと見たくなりました。
おすすめの作品があれば教えてほしいです。
あとはとにかく竹内結子さんが美しかったです。
あえて原作は読んでいかなかったのですが、早速読んでみようと思います。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

東京フレンドパーク
11月14日月曜日の「東京フレンドパークⅡ」に大人計画の阿部サダヲさんが出ていました。
だいじろうはこの人の持つ雰囲気がなんだか好きです。
実は出演している舞台はまだ見たことがないのですが、演劇雑誌などのインタビューは必ず読んでいます。
最近はテレビドラマなどにもたくさん出ていてそれがとても楽しみです。
大人計画の役者さんたちは多方面で活躍していて、松尾スズキさんは映画でよく見るし、宮藤官九郎は人気脚本家で、荒川良々さんは最近、CMで山口智子さんと共演しているのがよく流れます。
他の方たちもテレビや舞台でよく見かけます。
でも大人計画の舞台はまだ観たことがありません・・・。
グループ魂ももうすぐ来るのだけれど・・・。
でも次にこちらに来たときはぜひ阿部さんに会いに行きたいです!

テーマ:俳優 - ジャンル:アイドル・芸能

ついに・・・・!
先日「Studio Life」のファンクラブ「club LIFE」から次回公演のお知らせが来ました。
その中に「地方公演」の文字がありました。
ついにだいじろうの住んでいるところでも再び「Studio Life」のお芝居を観ることができそうです。
「Studio Life」は演出の方以外は全て男性という劇団です。
女性の役ももちろん男性が演じるのですが、それも含めて全てが素晴らしいのです。
だいじろうが「Studio Life」を知ってからも、「メッシュ」、「百夜行第1部」と公演があり、まもなく「百夜行第2部」もあります。
けれど残念なことにだいじろうが住んでいるところでは公演がありませんでした。
春の地方公演で「OZ」を見て以来、寝てもさめても「Studio Life」という日が続きました。
あらゆる演劇雑誌を見て、役者さんや過去の作品の知識を得ました。
これも次に来てくれるときのためです。
おそらく半年後になるのではないかと思いますが、今からその日を楽しみに何度も見た演劇雑誌達をまためくりたいと思います。
ああ、早くみたいです・・・。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

感動しました・・・。
今日は待ちに待った日曜日。
2週間ぶりの「仮面ライダー響鬼」の放送がありました。
前回から脚本家の方が変わってなんだか雰囲気も少し変わった気がします。
すぐに話にひきこまれて、親子でドキドキ、ハラハラしています。
今日はなんといっても最後のシーン。
ヒビキさんがついに少年を「明日夢」と呼びました。
思わず感動して叫んでしまいました。
なんだかまた新たな展開が期待できそうです。
日曜日が待ちきれないです・・・・。
BGM
最近、我が家の車の中で一番よくかかる曲は平井堅さんの「POP STAR」です。
聞いていてとても気持ちのいい曲です。
「楽園」で初めて平井さんのことを知ったとき、「こんなにきれいな声の人がいるなんて」ととても感動しました。
さらに歌番組でちょっと三枚目な人柄を知って、すっかりとりこになってしまいました。
今では新曲がでるのが待ち遠しいです。
もうひとつの平井さんの魅力はミュージッククリップです。
とても味のあるものが多くて、これも要チェックです。
ライブはまだ行ったことがないのですが、かなり面白いと評判でぜひ行ってみたい!
こんなことを考えながら「POP STAR」を聞きつつ、なんだか幸せな気分でいつもドライブしています。

テーマ:芸能一般 - ジャンル:アイドル・芸能

日記
「仮面ライダー響鬼」のトドロキ役の川口真五さん、とってもいい味出してますよね。
その川口さんの日記、「真五メッセージ」が更新されていました。
割とまめに更新されていていつも楽しみにしています。
中身もなんだかトドロキさんが書いているのかしらと思う雰囲気が漂っていて面白いです。
だいじろうは役者さんのHPの日記やブログを読むのが大好きです。
テレビではなかなか役者さん自身の声を聞くことはできませんが、日記などでは役者さんの思いなどを知ることができて、身近に感じることができます。
役に対しての思い、普段どんなものに興味を持ち、どんな考えを持っているのか、などなど。
役者さんを知るきっかけはテレビや映画、舞台である役を演じて、その役にひかれていくのですが、いろいろ知るうちに役者さん自身にひかれていきます。
魅力にあふれている人ほど、その人を知りたくなっていきます。
川口真五さんもそんな役者さんのひとりです。
もうすぐあたらしい連載も始まるようです。
さらに新しい川口さんを知ることができるかも・・。
エビ大王
昨日の「笑っていいとも」のテレホンショッキングに大好きな筧利夫さんが出ました。
話の内容はやはり稽古中の「エビ大王」のことが中心でした。
チケットの優先予約のはがきは来たのですが、東京公演と大阪公演しかなくて、泣く泣くあきらめました。
大阪まではよく来るのですが、地方公演があるお芝居はやはりまだまだ少ないですね。
広末涼子さんと共演した「飛龍伝」はどうしてもどうしても観たくて、なんとか大阪まで行ったのですが、遠征しての観劇は最初で最後だったかも・・・。
ちょうどその日は広末さんの妊娠が発覚して、マスコミがすごかったり、カーテンコールで筧さんが広末さんの妊娠を発表するなど、いつもの観劇と違った雰囲気で別の意味で面白かったです。
なによりそれでもすばらしい舞台とダンスを見せてくれた広末さんに感動しました。
こういうアクシデントもある意味では舞台の醍醐味かもしれません。
「エビ大王」も見に行きたいなあ・・・。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

発見!
「仮面ライダー響鬼」で威吹鬼役の渋江譲二さんのブログを発見しました。
威吹鬼さん以外は「美少女戦士セーラームーン」のタキシード仮面しか知らなかったのでどんな人なんだろう、と興味があったのですが、本人いわく「矛盾の男」だそうです。
ブログの内容もとても不思議でおもしろいです。
いろんな写真とともに一言添えられています。
その一言がまたなんともいえなくて・・・。
だいじろうのつぼにしっかりはまりました。
毎日いくつか書き込みがあるので、パソコンを見るたびにチェックしています。
当分、この状態が続きそうです。
胸が痛みます。
先日、本田美奈子.さんが亡くなりました。
まだ38歳。だいじろうと同じ30代です。
亡くなる前日にたまたま「日経エンターテイメント」のバックナンバーで「改名してとてもよくなりました」というコメントを読んでいたので、亡くなったことを知り、とても胸が痛みました。
テレビに出ていたころのことはあまり知らないのですが、その後「ミス・サイゴン」や「レ・ミゼラブル」ですばらしい歌声が話題になり、ぜひ一度見に行きたいと思っていました。
特に2004年に公演があった地球ゴージャスの「クラウディア」に出演すると聞いたときには本当に見に行きたいと思ったのですが、地方在住なゆえにあきらめました。
「クラウディア」は岸谷五朗さんと寺脇康文さんのユニット「地球ゴージャス」がサザンオールスターズの曲を使って作ったお芝居です。
今年の再演にはほかの方が本田さんの役を演じていたので、まだ体調がよくないのだなあ・・・とは思っていたのですが、それでもいつか復帰してくれると信じていたのでとても悲しいです。
心よりご冥福をお祈りいたします。

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

いよいよ
「ダブリンの鐘つきカビ人間」の公演までいよいよあと1週間となりました。
この日を夏からずっと楽しみにしてきました。
このお芝居にはだいじろうが大好きな「Studio Life」の及川健さんと姜暢雄さんが出演します。
及川健さんをはじめて知ったのは春に見に行った「Studio Life」の公演、「OZ」です。
その中で彼はヒロインを演じていました。
男性とは知っていたのですが、あまりの美しさに強く魅かれました。
その及川さんの違う一面がまた見ることができると思うととても楽しみです。
姜暢雄さんはだいじろうに「Studio Life」を観に行くきっかけをくれた役者さんです。
「OZ」では女性の役を演じていたのですが、今まで知っていた彼とはまったく違っていてとても驚きました。
そしてこのお2人はだいじろうに新たな出会いをくれました。
「ダブリンの鐘つきカビ人間」を作った後藤ひろひとさんも演出のG2さんもだいじろうは初めてです。
このお2人がだいじろうのお芝居の世界を広げてくれるかも、と思うと今からわくわくします。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

細川茂樹さん。
子供と一緒に「仮面ライダー響鬼」を見て以来、すっかり細川茂樹さんのファンになりました。

その細川さんが最近出ていたバラエティーを毎日少しずつビデオで見ています。
番組によってはあまり映っていなかったりして、残念なことが多かったのですが、「オーラの泉」は細川さんのいろいろな面が見られてとても面白かったです。
美輪明宏さんと江原啓之さんがいろいろとお話されていましたが、その中で仕事がうまくいっているときは女性とはうまくいかない、ということを言われていました。
「いま空でしょう。」などと言われて細川さんも困っていましたが、先日NHKの「スタジオパーク」のときに、彼女はいます、というような感じのことを言っていたので、私も見ていて複雑だろうな~なんて思ってしまいました。

その何日か前の「くりぃむナントカ」ではおぎやはぎさんとお互い少し感じ悪くからむシーンがあったのですが、それが評判がよくなかったのか、「本当は仲がいいんですよ。」とHPでフォローしてました。
まあ仲良くないとテレビの前でああいうからみかたはできないですよね。
どの番組かわかりませんが今週もあるそうです。

そういうちょっとしたことでますますファンになってしまうだいじろうでした。
*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。