だいじろうの大好きな日々
だいじろうの大好きな演劇、テレビ、いろいろなことをつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キサラギ
今、一番見たいな~、と思っている映画「キサラギ」。
小栗旬さん、ユースケ・サンタマリアさん、小出恵介さん、塚地武雅(ドランクドラゴン)さん、香川照之さんの5人が出演しています。
このメンバーだけでもかなりそそられます。
ハートフル・ワンシチュエーション・サスペンスという言葉はHPには書いてありましたが、ひとつの部屋で話がどんどん進んでいくというちょっと変わった映画のようです。
なんだか舞台のような感じもします。
簡単なあらすじしか知らないのですが、先日、特集本も読んで、ますます興味が沸いてきました。
もう公開しているので、ちかいうちに見に行きたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

何日君再来-イツノヒカキミカエル-(NHK)
先日、演劇の雑誌を見ていたところ、筧利夫さん、黒木メイサさんが出演していた「何日君再来-イツノヒカキミカエル-」の公演写真が載っていました。
それを見るだけで、すごく見たくなっただいじろう。
絶対、だいじろうが好きな感じのお芝居だったことが伝わってきました。
DVD出ないかな~と思っていたところ、テレビ放映が決まったことを知りました。
8月18日(土)NHKハイビジョン「ハイビジョンステージ」午前9時から午前11時までの放送です。
その後、BS2でも放送されるそうです。
これは絶対保存版にしなければ、と今から意気込んでいます。
だいじろうはお芝居のあいまに歌や踊りが入るのがとてもすきなのですが、筧さんの踊りが特に好きなのです。
なぜだかわからないのですが・・・。
今回の「何日~」もとてもよかったとのこと。
今からとても楽しみです。
ミュージカル「キャバレー」
秋に松尾スズキさんの演出でミュージカル「キャバレー」が上演されるとのこと。
出演は松雪泰子さん、阿部サダヲさん、森山未來さん他、だいじろうが好きな秋山奈津子さんや大人計画の役者さんです。
だいじろうは「キャバレー」は題名を聞いたことがあるくらいなので、あらすじを読んでみたものの、やはり見てみないとわからないことも多いのでしょう。
でもなにか妖艶な雰囲気が伝わってきます。
最近、いろいろな方がミュージカルに挑戦する作品が増えてきたように思います。
それもまたミュージカルに興味をもつきっかけになるようで、だいじろうもいろいろと気になるようになってきました。
10月から11月にかけて、東京、名古屋、大阪で公演があります。
残念ながらだいじろうが住んでいるところでは公演がありません・・・。
見に行かれる方はぜひまた感想を聞かせてくださいね。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

舞妓Haaaan!!!(阿部サダヲさん)
今日、阿部サダヲさん主演の「舞妓Haaaan!!!」を見てきました。
とてもおもしろくて、なんだかずっと笑っていた気がします。
でも少しほろりと来るところもあって・・・。
映画館を出たときにはなんだか気持ちがすっきりしました。
脚本の宮藤官九郎さんが「映画館を出た後に何も考えない映画にしたかった」とパンフレットに書いていましたが、本当にそうでした。


詳しい感想はネタばれがあってはいけませんので折りたたみます。
もしよかったら見てくださいね!
朧の森に棲む鬼(ゲキ×シネ)
おともだちのブログで「朧の森に棲む鬼」がついにゲキ×シネで上映が決定した、ということを知り、狂喜乱舞のだいじろう。
きっと上映されるだろうと思っていたものの、決定されるまではドキドキして待っていました。
「朧の森に棲む鬼」は今年初めに上演された劇団☆新感線のお芝居です。
市川染五郎さん、阿部サダヲさん、古田新太さんほか、たくさんの素敵な役者さんが出演し、だいじろうが見たくてたまらなかった舞台です。
今年秋の上映ということで、だいじろうが住んでいるところでは、それよりさらに先になると思います。
でも見られるのなら、待ちます!という気持ちです。
また日程が決まったら、報告したいと思います。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

花ざかりの君たちへ
7月からフジテレビで始まる「花ざかりの君たちへ」。
原作は漫画のようですが、残念ながらだいじろうは読んだことがありません。
しかしキャストを知って、急に興味が沸いてきました。
そして早速HPへ。
小栗旬さん、水嶋ヒロさん、山本裕典さん、ライフの姜暢雄さん、そして上川隆也さんとだいじろうが好きな俳優さんがたくさんいます。
詳しい役柄とかはまったくわからないのですが、とっても楽しみです。
漫画を読んで予習をするか、なにも見ずにまっさらな状態でみるか迷うところですが、たぶんこのまま漫画を読まずに見ると思います。


橋を渡ったら泣け(WOWOW)
明日、6月15日PM10時よりWOWOWで生瀬勝久さん演出の「橋を渡ったら泣け」の放送があります。
公演が決まったときからまず、生瀬さんの演出ということで非常に興味があったのですが、さらに出演者も豪華です。
雑誌で戸田恵子さんと小松和重さんのインタビューを読んだのですが、雰囲気のよさがそこからも伝わってきて、放送が決まってからずっと待っていました。
WOWOWのHPにはインタビューなども載っているのでもし良かったら見てみてくださいね。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

天璋院篤姫(宮尾登美子さん)
来年(2008年)の大河ドラマが宮崎あおいさん主演で「天璋院篤姫」に決まったのはだいぶ前の記事にも書きましたが、だいじろうは篤姫のことをあまり知りませんでした。
そんなときに図書館で大河ドラマの原作の宮尾登美子さん作「天璋院篤姫」を見つけました。
早速読んでみるだいじろう。
篤姫はずいぶん、しっかりとした強い女性というイメージでした。
徳川家を守ろうと頑張ります。
だいじろうは篤姫を演じる宮崎さんをNHKの「純情きらり」でいつも見ていました。
物静かだけど、芯の強い女性というイメージです。
そんな宮崎さんがどんな篤姫を見せてくれるのか今からとても楽しみです。
そして篤姫を取り巻くたくさんの人たち。
残念ながらまだ配役が発表されていないので、わからないのですが、それでも噂がちらほら聞こえてきます。
その中にはだいじろうが大好きな方の名前も・・・。
実現するとうれしいです。
ドラマが原作にどこまで忠実なのかわかりませんが、素敵な原作だったので、できれば原作に近いものだといいなぁと思います。

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

阿部サダヲさん(東京フレンドパーク)
書こう書こうと思っているうちに当日になってしまいましたが、今日の「東京フレンドパークⅡ」に阿部サダヲさんが出演します。
濱田マリさんと出られるようです。
以前は毎週見ていた「フレンドパーク」ですが、最近は気になる人が出るときだけになってしまいました・・・・。
みなさん、一生懸命になるにつれ、なんだかますます親近感が沸いてくる、不思議な番組です。
今日はどんな阿部さんが見られるのでしょうか。

テーマ:好きな芸能人。 - ジャンル:アイドル・芸能

フレッシュさんのブログ(Studio Life)
最近、ライフのフレッシュ(新人)のみなさんがブログを始めて、楽しみが増えただいじろう。
甲斐政彦さんのブログで告知のあった石井昭裕さんのブログから、神野明人さんのブログも知り、毎日お邪魔しています。
神野さんは少し前からされていたようで、過去のものも読ませてもらいました。
そして昨日から石井さんのブログから谷屋桃威さんのブログにもお邪魔しています。
今まで、フレッシュの方はファンクラブの会報やHPでしか、知ることができず、しかもファンになって日の浅いだいじろうは日々どんな感じで舞台などに参加していたのか、あまりしらなかったのです。
なので3人のブログはとても新鮮です。
これからもまだまだ大変なのでしょうが、ぜひ頑張ってほしいと思います。
そしていつか舞台の上の皆さんを見ることができたら、だいじろうはとっても幸せです。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

山本芳樹さん(演劇モバイル)
演劇モバイルの中の演モコラムのひとつ「weekly LIFE」。
今週はだいじろうの担当さま、山本芳樹さんでした。
「ライブ」と題されたその文章を読んで、胸いっぱいになっただいじろう。
最近の様子とともに、ある言葉が書かれています。
ある芸人さんがおっしゃった「テレビに出ている人だけが面白いわけではなく、ライブにもたくさんのおもしろい芸人がいる!」というような内容なのですが、その言葉と芳樹さんも同じ気持ちだそうです。
そして私もそう思います。
テレビでももちろんたくさんの俳優さんが活躍していて、素敵な方もたくさんいらっしゃいます。
でもテレビにはなかなか出ないけど、舞台の上でとても輝いていて、素敵な役者さんもまた、たくさんいるのです。
すべての人にそれを知って欲しい、とは思わないけれど、でもそんな素敵な世界、素敵な人たちがいて、一生懸命がんばって輝いているということをついつい熱く語ってしまうのです。
やはりそういう人たちのよさや舞台の面白さを知って欲しいし、その楽しさを共有したいです。
以前に比べると、ずいぶんと舞台の役者さんの認知度は高くなったと思います。
だからこそもう一歩踏み出して、実際に舞台を見て欲しい!と強く願うだいじろうです。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。