だいじろうの大好きな日々
だいじろうの大好きな演劇、テレビ、いろいろなことをつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
蜷川幸雄さん(ハイビジョン特集)
7月29日(日)にNHKのBShiで蜷川幸雄さんの特集があります。
放送は午後7時から8時50分までです。
だいじろうは最近、蜷川さんや蜷川さんの演出作品をテレビで目にすることが続いて、とても心惹かれています。
さらに見たい作品もとても多いのです。
71歳という年齢にはとても見えず、精力的に作品を生み出していく蜷川さんの何かを感じることができればなぁ、とこの番組を楽しみにしています。
この番組に関連して、前後しますが、演出作品も放送されるそうです。
7月28日(土)前0:20~3:22(27日深夜) 舞台「ハムレット」 
【演出】蜷川幸雄
7月29日(日)後1:00~3:00 舞台「間違いの喜劇」 【演出】蜷川幸雄
7月29日(日)後9:00~11:30 高齢者劇団舞台「船上のピクニック」 【演出】蜷川幸雄
(以上、NHK HPより)
だいじろうがとても見たかった「間違いの喜劇」も放送されるので、これもとても楽しみにしています。
いつもビデオ予約に失敗するので、これは絶対とれるようにがんばりたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

ザ・マジックアワー(三谷幸喜さん)
ネットをうろうろしていると、三谷幸喜さんの新作映画の記事を見つけました。
三谷さんは新しい映画を撮っていたのですね。
ぜんぜんしらなかっただいじろう。
前回の「THE 有頂天ホテル」もしっかり楽しんだだいじろうは、この話を知って、いまから次の映画がかなり楽しみです。
「ザ・マジックアワー」という題名で、主演は佐藤浩市さん。
妻夫木聡さんや深津絵里さん、西田敏行さんも出演するそうです。
詳しい内容はまだわかりませんが、公開は来年のようです。
まだ先が長いですが、楽しみに待ちたいです。

月刊ローソンチケット ENTA版
毎月、密かに楽しみにしているローソンチケットの冊子。
今日もお店に並んでいたのですが、なんと2冊に分かれていました。
だいじろうが手に取ったのは「ENTA版」です。
映画、演劇、スポーツほかいろいろな情報が載っています。
巻頭は大沢たかおさんのスペシャルインタビューです。
かなり読み応えがありました。
演劇・ミュージカルのページもたくさんの作品が紹介されています。
ただ、作品に関連の役者さんのインタビューがなくて、ちょっと残念です。
あとはだいじろうとしては「花ざかりの君たちへ」で気になっていた、木村了さんのインタビューが載っていて、うれしかったです。
なんだか独特のキャラで好きなんです。
ほかには大王こと後藤ひろひろさんの音楽談義、柳家花緑さんの「落語は楽語!」という2つの連載が始まり、これもまた興味深くておもしろいものでした。
毎月、中旬ころにローソンに並ぶこの冊子、ぜひ一度手にとってみてくださいね。

テーマ:芸能一般 - ジャンル:アイドル・芸能

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ
近くの映画館で、流れていた予告に思わず足が止まっただいじろう。
スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」。
名前もなんだか不思議な感じです。
監督は三池崇史さん。
出演者は伊藤英明さん、佐藤浩一さん、伊勢谷友介さん、安藤政信さん、石橋貴明さん、木村佳乃さん、香川照之さんとそうそうたるメンバーです。
時代劇だけどウエスタンというおもしろそうな設定で、どんな感じになるんだろう、とわくわくします。
9月15日から全国一斉公開ということでまだ先ですが、いろいろな情報を探して、楽しみにしたいと思います。

テーマ:映画 - ジャンル:映画

朧の森に棲む鬼(ゲキ×シネ)
久しぶりに「朧の森に棲む鬼」のゲキ×シネ版のHPに行くと、詳しい上映場所が発表されていました。
だいじろうが住んでいる地域も上映が決定しました。
待ち焦がれていただけにとてもうれしいです。
「朧の森に棲む鬼」は昨年末から今年初めにかけて、上演された劇団☆新感線のいわゆるいのうえ歌舞伎と呼ばれる作品です。
市川染五郎さん、阿部サダヲさん、古田新太さんなどたくさんの魅力的な役者さんが出演しています。
評判もとてもよかったし、好演しているときから、とても見たかったのですが、見に行かれないので、ゲキ×シネで上映されるのをとても楽しみにしていました。
全国10月6日(土)から公開だそうです。
前売りも7月下旬から発売のようですので、早速買いに行きたいと思います。
蜷川幸雄さん(徹子の部屋)
7月12日(木)の「徹子の部屋」のゲストは蜷川幸雄さんでした。
直前に新聞を見て気づいただいじろうは、なんとか間に合いました。
現在公演中の「お気に召すまま」が非常に気になっているので、そのお話もでるのでは、とわくわく。
最初は映画「さくらん」の監督で長女の蜷川実花さんのお話、そして「お気に召すまま」、劇団「さいたまゴールド・シアター」のお話へと続きました。
「お気に召すまま」のお話では、出演している羊の話、そして出演者の小栗旬さんと成宮寛貴さんが、以前「徹子の部屋」に出演したときに、蜷川さんについてお話しているシーンが流れて、蜷川さんの人柄が伝わってきて、とても楽しかったです。
どうしても都合がつかなくて、最後まで見ることができなかっただいじろうですが、一番聞きたかったお話が聞けたのでそれはそれで満足できました。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

acteur(アクチュール)
先日、本屋に行ったとき、思わず衝動買いしてしまった「acteur」。
表紙は小栗旬さんです。
もともとこの本はとても好きなのです。
主に日本で活躍する俳優さんを取り上げている雑誌です。
表紙になっている小栗旬さんをはじめ、阿部サダヲさん、橋本さとしさん、深津絵里さん、妻夫木聡さんと・・・気になる俳優さんたちがたくさん載っていました。
その中でも特に長塚圭史さんと深津絵里さんの対談がとても興味深かったです。
深津さんは同年代ということもあって、高校生くらいからずっと見てきた俳優さんです。
独特の雰囲気にとてもひきつけられます。
長塚さんとの対談は二人のおもしろさがあいまって、読んでいてとても楽しかったです。
ちょっと不思議なところと、でも地に足着いた感じがとても伝わってきました。
他の記事もあまり聞くことのない話がたくさん載っていて、非常におもしろかったです。
次号は8月発売なので(隔月発刊)、もうすぐです。
次のも買おうかな~とかなり心がゆらいでます・・・。

テーマ:俳優 - ジャンル:アイドル・芸能

花ざかりの君たちへ 第1回
どきどきしつつ、最初の放送を先日見ました。
結局、原作の漫画は読まずに見ることにしましたが、どうやらそれは正解だったみたいです。
ほとんど何も知らずに見たので、がはがは笑いながら、見ました。
そしてたくさんの発見もありました。
あの人も!この人も!あんな人まで!とたくさんの俳優さんたちが出ていて、とってもびっくりでした。
だいじろうの一番のツボは、堀北真希さん演じる芦屋瑞樹のお母さんが「第三舞台」の筒井真理子さんだったところです・・・。
期待していた小栗旬さん、上川隆也さんもとても素敵でした。
そして・・・・Studio Lifeの姜暢雄さん演じるオスカー・M・姫島・・・・。
あんなに壊れて大丈夫なの?姜さん・・・と思わず心配してしまったほどのはじけっぷりでしたね。
でもあれができるのもそれはそれですごいのかも。
ストーリーもですが、周りの俳優さんを見る楽しみもあるドラマだとおもいます。
これは最後まで見続けそうです。
NODA・MAP公演「キル」(妻夫木聡さん)
今年の12月~来年1月、東京・渋谷シアターコクーンで野田秀樹さん作・演出のNODA・MAP公演「キル」があります。
初演、再演で堤真一さんが演じたテムジンを今回は妻夫木聡さんが演じるそうです。
妻夫木さんはこの作品が初舞台です。
野田さんの作品が初舞台というのはすごいと思います。
映像作品での妻夫木さんは数多く見てきましたが、舞台となるとどんな風になるのか想像がつきません。
それだけにとても楽しみです。
共演は広末涼子さん、高橋恵子さん、勝村政信さん、野田秀樹さんなど、舞台の経験がたくさんある方たちです。
その中で妻夫木さんがどのように輝くのか、だいじろうは今からわくわくしています。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

キサラギ
先日も書きました、映画「キサラギ」見てきました。
HPにあった「ワンシュチュエーション・サスペンス」という言葉と出演者、簡単なあらすじ以外はまったくわからない状態で見に行ったんですが、これがよかったようで、とても楽しめました。
まず連続どんでんがえしのストーリーに個性派5人の演技、そして最後のダンス・・・・と本当に盛りだくさんだったと思います。
だいじろうがまず目がいったのはユースケ・サンタマリアさん。
だいじろうのイメージとはまったく違うキャラクターで、それがとてもよかったように思いました。
その逆は小栗旬さんです。
本当に普通の人を好演していたように思います。
楽しみにしていたのは香川照之さんです。
期待通りでとてもよかったです。
小出恵介さんがインタビューで、香川さんがすごく動いていて・・・という話をしていたのですが本当にすごかったです。
それ以上に小出さんも動いていましたが・・。
小出さんははじけていて、うまくかきまわしていたように思います。
そして塚地武雅さんですが、うまくおとして、でも話を持っていくという感じでした。
塚地さんが出てくるとほっと一息つけるというか・・・。
それまでが息を詰めて見ているので。
ネタばれになるといけないので、詳しくはかけないためよくわからない感想ですが、この映画はとても面白かったと思います。
そして最後のダンスは必見です。
見に行かれたかたはまた感想も教えてくださいね!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

決闘(Studio Life)
先日、だいじろうのおうちにStudio Lifeの9月公演「決闘」の優先予約のお手紙が来ました。
もう9月公演・・・。
時間のたつのは早いです。
今年はたくさんの公演が予定されていて、毎回キャスト発表や公演の様子が楽しみなだいじろう。
Fleuret(フルーレ)チームは荒木健太朗さん、松本慎也さん、吉田隆太さん、大沼亮吉さん、石飛幸治さんです。
Sabre(サーブル)チームは関戸博一さん、三上俊さん、青木隆敏さん、仲原裕之さん、藤原啓児さんです。
若い役者さんが中心で5人芝居だそうです。
だいじろうが見てみたいのは大沼亮吉さんです。
とても気になります。
まだまだ先でお話の内容もあまり分からないので、想像しようがないのですが、そのうちいろいろ分かってくると思うので、楽しみにしたいと思います。
*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。