だいじろうの大好きな日々
だいじろうの大好きな演劇、テレビ、いろいろなことをつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死ぬまでの短い時間(田中圭さん)
ちょっとしたところから田中圭さんが初舞台を踏むことをしりました。
田中圭さんはだいじろうがドラマ「ウォータボーイズ」以来ずっと応援している若手の俳優さんです。
どんなお芝居に出るのかな、と探してみると岩松了さんの書き下ろしの音楽劇「死ぬまでの短い時間」という舞台でした。
出演者は北村一輝さん、秋山菜津子さん、田中圭さん、古澤裕介さん、内田慈さんです。
だいじろうが大好きな秋山奈津子さんの名前を見つけてさらにテンションがあがります。
かなりせまい劇場でするようなので、いろいろなものが感じられる舞台になるのではないでしょうか。
この舞台でさらに田中さんが素敵な役者さんになっていくのを期待しているだいじろうです。

スポンサーサイト
ミュージカル「テイクフライト」
今年の年末から公演があるミュージカル「テイクフライト」。
だいじろうはこの間見たローソンチケットの冊子で知ったのですが、出演者がだいじろうの心をくすぐる方ばかりです。
主演の天海祐希さんをはじめ、城田優さん、池田成志さん、橋本じゅんさん・・・。
演出は宮本亜門さんです。
女性初のパイロット、アメリア・イアハートさんの物語だそうです。
凛々しい天海さんがだいじろうは大好きですが、とても似合うのではないかと思います。
池田成志さんがどんな役をするのかも非常に気になります。
ミュージカルですから、歌って踊るのでしょうか。
地方公演があるようなのですが、だいじろうが住んでいるところでは残念ながらありません。
けれどいろいろなところで、舞台の雰囲気を味わえるのを今から楽しみにしています。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

weekly LIFE(石飛幸治さん)
毎週木曜日は演劇モバイルの「weekly LIFE」更新日です。
劇団Studio Lifeの役者さんたちが交代でコメントをしてくれるのですが、昨日はだいじろうの担当さま、石飛幸治さんでした。
最近のお芝居のことや劇場まわりの話など・・・盛りだくさんのお話でした。
ところが・・・なんとこれで最終回、という言葉が・・・。
「weekly LIFE」終わってしまうのですね。
毎週とても楽しみにしていたので、残念です。
他にもお話が聞きたい役者さんがいたのに、登場がなかった方もいて・・・。
一週間の楽しみがひとつ減ってしまったなぁ、とちょっとさみしくなってしまっただいじろうです。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

花ざかりの君たちへ
毎週とても楽しみにしていたドラマ「花ざかりの君たちへ」が先週終わりました。
最終回と最終回前の特番などもあわせて、連休で全部見終わりましたが、最後までとても楽しめたと思います。
最初は、劇団Studio Lifeの姜暢雄さんと、直前に見た「キサラギ」ではまった小栗旬さんが出演するということで見始めたドラマでした。
でもたくさんの若手の俳優さんがどんどんよくなっていくのを実感できて、これからその俳優さんたちを応援するという新たな楽しみができました。
ドラマ自体は最後に向かうにつれ、なんでもありな感じになって、大笑いで毎週見ていましたが、でも最後は号泣してしまっただいじろう。
最終回もそれなりに納得いく終わり方だったと思います。
最初はあまりのはじけっぷりに大丈夫かな・・・と不安になったオスカー役の姜さんでしたが、回を追うごとによくなりましたね。
この役を演じたことで、姜さんの演技の幅がきっと広がったことと思います。
そして舞台とかけもちで体力的に大丈夫かな、と心配してしまった小栗さんも最後はいろんな楽しいシーンを見せてくれて、とてもうれしかったです。
結局最後まで原作の漫画は読んでいなかったので、これから読もうと思います。
そして漫画には後日談もあるらしいので、それがまた楽しみです。
原作とドラマの違いを楽しみつつ、読めたらいいな、と思います。
月刊ローソンチケットENTA版10月号
いつもより少し遅くなりましたが、ローソンに行ってきました。
今月のスペシャルインタビューは天海祐希さんです。
凛とした姿が大好きなだいじろう。
ミュージカル「テイクフライト」と映画「サウスバウンド」のお話が中心でした。
「テイクフライト」のことは初めて知ったのですが、とても興味を持ちました。
後日、またブログに書きたいと思います。
今回の号は知らなかった公演がたくさん載っていて、うれしくなりました。
長塚圭史さん演出、大竹しのぶさん、白石加代子さん出演の「ビューティ・クイーン・オブ・リナーン」にはとてもひかれます。
劇団東京ヴォードヴィルショーの「エキストラ」が再演になることもなんだかうれしかったです。
ただだいじろうが住むところでは、公演がないのですが・・・。
あとはインタビューがもう少しあるといいなー、とまた思いました。
でも情報は豊富になって、毎月出るのが待ち遠しくなりました。
ホレゆけ!スタア☆大作戦~まりもみ一瞬即発~
ホレゆけ!スタア☆大作戦」が10月から新しいシリーズとして放送されることになりました。
古田新太さん、生瀬勝久さん、藤木直人さんなどの今のレギュラーに加えて、黒田勇樹さん、姜暢雄さんが出演します。
姜さんが活躍の場をどんどん広げていくことに感慨深いだいじろう。
「花ざかりの君たちへ」のオスカー・M・姫島役がきっとこの番組で役に立つのでは・・・、と勝手に思っています。
古田さんとは今度の「犯さん哉」でも共演しますし、いろいろなところを吸収して、素晴らしい役者さんになって欲しいな、と思います。
「ホレスタ」はゲストの人選もおもしろく、演劇の世界が会話からのぞくことができるのが、だいじろうの楽しみのひとつです。
なんともいえない雰囲気の漂った番組ですが、新しくなって、どうなるのかがとても楽しみです。
勝村政信さん(笑っていいとも)
9月20日(木)の「笑っていいとも」テレフォンショッキングは俳優の勝村政信さんでした。
賀集利樹さんからの紹介です。
勝村さんが言われるまで気がつきませんでしたが、大河ドラマ「源義経」で親子の役を演じられたそうです。
そこから始まって話は西表島のお話へ。
大きなしじみやえびがいる!というお話をされていました。
タモリさんとじゃれながらのお話は面白かったです。
携帯ストラップはあたりませんでしたが、市川海老蔵さんと賭けをしていたそうで、0か1人だったら勝村さんの勝ち、ということで0人だったので、市川さんが勝村さんの一日付き人になるそうです。
ブログでも今のお芝居のメンバーの仲のよさが伝わってきますが、こういう話を聞くと楽しそうだな~と感じます。
勝村さんが紹介したのは吹石一恵さんです。


「コンフィダント・絆」(仮題)(WOWOW)
まだ少し先の話ですが、「コンフィダント・絆」(仮題)がWOWOWで11月に放送が決定しました。
三谷幸喜さん作・演出で今年の4月に上演された作品です。
以前このブログにも書きましたが、だいじろうが大好きな役者さんたちが出演していて、とても見たかった作品です。
出演は中井貴一さん、寺脇康文さん、生瀬勝久さん、相島一之さん、堀内敬子さんです。
画家のお話ですが、人間の深い部分をついたお話のようです。
とても見たかったので今から放送がとても楽しみです。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

演劇ぶっく10月号
発売から1週間遅れて、買ってきました。
「演劇ぶっく」10月号です。
やはり表紙の阿部サダヲさんに目が行きます。
色がすごくきれいで、阿部さんの雰囲気に合っています。
今回はNODA・MAPの「THE BEE」と劇団☆新感線の「犬顔家の一族の陰謀」が大きくとりあげられています。
どちらも気になる公演でだいじろうも隅から隅まで読みました。
あとは「お気に召すまま」です。
写真もとてもよかったのですが、だいじろうがどんな人なんだろうとずっと気になっていた、シーリア役の月川悠貴さんのインタビューが載っていて、とてもうれしかったです。
素顔も美しかったですが、インタビューも月川さんの思いが伝わってきました。
もっとたくさん聞けたらもっとうれしかったです。
でもシーリアは高い評価をもらったので、一番いい時期に封印して、さらにいろいろなことに挑戦したいそうです。
もう見れないのかな・・と思うとちょっと残念です。
毎回楽しみにしている粟根まことさんの「人物ウォッチング」は小松和重さんでした。
最近だいじろうが気になる舞台には小松さんが出ていることが多くて、なんだか飄々とした感じがいいなぁと思っているのですが、粟根さんの観察眼でさらにおもしろさが伝わってきました。
一度、自分の目で見たい役者さんの一人です。
裏表紙はNODA・MAP「キル」でした。
広末涼子さんと妻夫木聡さんが遠くを見つめて立っています。
この作品も非常に期待しているだいじろう。
妻夫木さんの初舞台です。
しかも野田さんの作品。
どんな風になるんでしょうか。
今から楽しみでたまらないだいじろうです。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

小栗旬さん(食わず嫌い王決定戦)
9月13日(木)の「新食わず嫌い王決定戦」のゲストは小栗旬さんと千秋さんでした。
「花ざかりの君たちへ」もいよいよ最終回が近くなり、最終回のお話も少し聞けました。
あとは映画「クローズZERO」のこともお話していました。
素の小栗さんをあまり見ることのないだいじろうですが、言葉使いがやさしく、丁寧で見ていてもゆったり見れました。
タカさんもノリさんの突っ込みもうまくて、話も盛り上がっていました。
お父さんといっしょにおうちを建てて、今は家族で住んでいる、という話は、以前「徹子の部屋」でも聞いたことがありましたが、いろいろと細かい話もあって、おもしろかったです。
小栗さんは実家に帰って以来、お部屋が6畳ということにこだわっていました。
千秋さんも家族の話がいろいろとおもしろかったです。
とんねるずの昔の話も出てきて、なんだか懐かしかったり・・・。
結果は小栗君が負けでした。
千秋さんは負けたことがないそうです。
嫌いなものは小栗君がマンゴーで、千秋さんがトムヤムクンでした。
小栗さんは罰ゲームでドラえもんとビートたけしさんのものまねをしていました。
あとからかなりみんなにつっこまれていましたが、それはそれでだいじろうには面白かったです。
阿部サダヲさん(装苑)
ちょっと前ですが、雑誌「装苑」に阿部サダヲさんのインタビューが載っている、と聞いて見に行ってきました。
写真もかなりいい、ということでしたしかなりわくわくだっただいじろう。
早速ページを開くと、本当にすてきな阿部さんが・・・。
インタビューはミュージカル「キャバレー」のお話でした。
写真は服もいつもとは違う感じで、ちょっとクールなイメージでしょうか。
何枚かありましたが、どれもとても素敵で良かったです。
新鮮な阿部サダヲさんが見られました。
まだ書店に並んでいるとおもいます。
もし良かったら、見てみてくださいね。
思わず、おおっとなりますよ!

テーマ:気になる芸能人 - ジャンル:アイドル・芸能

古田新太さん(L’alaPado)
だいじろうが地元でよく見るフリーマガジン「L’alaPado」に古田新太さんのインタビューが載っていました。
「L’alaPado」は女性向けのフリーマガジンで東京、大阪、神戸、広島、福岡で配られているそうです。
ゲキ×シネ「朧の森に棲む鬼」の話から始まって、「ホレゆけ!スタア大作戦」、そしてなぜ舞台の道に進んだのか、最後に「犯さん哉」の話へと続きました。
それぞれ一言ずつくらいのコメントですが、なんだか古田さんが舞台を楽しみたい!という気持ちがとっても伝わってきて、古田さんをより感じることができたインタビューのような気がします。
ひと月、いろいろなところで配っていると思うので、もしよかったら手にとって見てくださいね。
筧利夫さん(ごきげんよう)
先週、「ごきげんよう」に筧利夫さんが出ているのを発見しただいじろう。
初回は録り逃しましたが、あとの2回はばっちり録画しました。
それを昨日の夜、こっそり一人で見ました。
2回目の日は、ねこのお話でした。
筧さんが公園などで、一人で座っているとどこからともなく猫が足元に集まってくるそうです。
特にすごい猫好きというわけでもなく、どこの公園でも寄ってくるので、なんでだろう・・・というお話をしていました。
3日目はお世話になっている理学整体師(だったと思います)さんのお話をされていました。
舞台でぎっくり腰になったとき、舞台袖で待機してもらって、治療してもらいながら舞台にたったそうです。
激しい舞台が多いから、大変だろうな・・・と思いました。
放送からずいぶん日にちがたってしまったので、ためないように見たいな~と思いつつ、すぐにHDDがいっぱいになるだいじろうです。

テーマ:フジテレビ - ジャンル:テレビ・ラジオ

LOOK at STAR 10月号
最初にぱらっと見て、思わず釘付けになったのは、地球ゴージャス「ささやき色のあの日たち」です。
なんだかセットというか、舞台の色合いがとってもきれいで・・・。
見たかった舞台なので写真もたくさんでうれしかったです。
その他・・「キャバレー」の松尾スズキさん×阿部サダヲさん×松雪泰子さんの対談、生田斗真さん、小栗旬さんのインタビュー、「すけだち」のステージレポが気になりました。
「キャバレー」は前評判もいいし、どんな舞台になるんだろう・・という気持ちがとても強くて、記事があるとついつい見てしまいます。
あと「ルクスタ」の楽しみはインタビューの後にある「マンスリーQ」です。
全員が共通の質問に答えるのですが、それぞれ個性があって、見ていておもしろいです。
役者さんは悩むらしいですが・・・。
これはぜひこれからも続けて欲しいな、と思います。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

Top Stage vol.50
少し前に買った「Top Stage」 vol.50ですが、やっと全部読みました。
今回は「犯さん哉」の古田新太さんとケラリーノ・サンドロヴィッチさん、Studio Lifeの荒木健太朗さん、松本慎也さん、吉田隆太さんのインタビューがとっても楽しみでした。
ライフの3人は仲のよさが伝わってきました。
そして役を自分に引き寄せながらいろいろ考えている様子がわかります。
さらに戸田恵子さんのインタビューがあって、戸田さんが好きなだいじろうはとってもうれしくて、一生懸命読みました。
最近、いろいろなところで活躍していて、今度は歌も歌う、というのを聞いてぜひ聞いてみたいと思いました。
ライブはいけそうにありませんが、CDはぜひ聴いてみようと思います。
「トプステ」は今号で50号だそうで、ライターさんが1号から振り返る企画がありました。
最初に「トプステ」が出たのを見たとき、今までとはちょっと違う演劇雑誌だな~と思った記憶がありますが、書いている方たちもいろいろなことを思いながら書いている、というのを読めて、とてもおもしろかったです。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

西村雅彦さん(食わず嫌い王決定戦)
昨夜の「とんねるずのみなさんのおかげでした」内の「新・食わず嫌い王決定戦」は工藤静香さんと西村雅彦さんがゲストでした。
久しぶりに見た西村さんはなんだかとってもかっこいいおじさま、という感じになっていて、ちょっとびっくりでした。
でも石橋貴明さんとしゃべっている感じとか、ちょっとかわっているところとかは一緒でした。
それを見てうれしくなっただいじろう。
「東京サンシャインボーイズ」の頃はあまり知らなくて、出演している舞台も数回しか見たことがないけれど、やっぱり今でも好きだな~とあらためて思いました。
タカさんにはちょっとしか紹介してもらえなかったけど、今度舞台に出演されるそうです。
Doris&Orega Collection Vol.3「コースター」という題名ですが、地方公演はあるものの、残念ながらだいじろうが住んでいるところにはきません。
ちょっと残念ですが、また舞台の様子もいろいろ知りたいな・・と思います。
会報到着(club LIFE)
先日、Studio Lifeのファンクラブ「club LIFE」の会報が届ききました。
まずは石飛幸治さん、3日後くらいに山本芳樹さん分が・・・。
石飛さんは「孤児のミューズ」の役が抜けないです・・というお話とおうちで飼っているめだかちゃんのお話など・・・。
芳樹さんは「あらしのよるに」のお話でした。
会報のほうは、写真がたくさんありました。
観に行っていないだいじろうにとってはとてもうれしいです。
そしてフレッシュさんたちの紹介もありました。
ブログをしている谷屋桃威さん、石井昭裕さん、神野明人さんは普段からお邪魔しているので、その他の方のことを知ることができてうれしかったです。
「WHITE」も始動しているようで、またいろいろと楽しみが増えました。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

小栗旬さん(e+Theatrix!)
少し前になりますが、「e+Theatrix!」に小栗旬さんのインタビューと動画コメントがアップされているのを知って、飛んで行きました。
次の舞台「カリギュラ」について答えています。
「カリギュラ」は難しいお話のようですが、小栗さんは第1幕のラストシーンを読んで「やりたい!」と思ったそうです。
主演ですし、いろいろと思うこともあるそうですが、とても前向きなコメントでお芝居が好きなんだな~というのが伝わってきます。
共演者の方や蜷川さんについてのお話も少しですがあります。
蜷川さんとは9月15日の「NINAGAWA 千の目(まなざし)」でもお話するそうなので、そのとき「カリギュラ」のお話も聞けるのでしょうか。
だいじろうはまだあらすじくらいしか知らないのですが、どんな「カリギュラ」を見せてもらえるのか、今からとても楽しみです。

テーマ:小栗旬 - ジャンル:アイドル・芸能

生田斗真さん(笑っていいとも)
昨日の「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングは生田斗真さんでした。
「花ざかりの君たちへ」にはまっているだいじろうは、もちろん見ました。
おみやげの「りの君」グッズに反応するだいじろう。
最後に全員が写ったうちわが出てきたのですが、欲しかったです・・・。ポスターは「りの君」と今度生田さんが主演する舞台「ヴェロニーナの二紳士」の2枚を張ってもらっていました。
お話はやはりドラマのこと中心で、タモリさんがしきりに「男がこんなにいるとどうなの?」というようなことを聞いていました。
他の俳優さんの話はあまり出なかったように思います。
次はやはりドラマつながりで・・・ひばり様こと岩佐真悠子さんにまわりました。
今日もまた気になるので、見ちゃうと思います。

テーマ:生田斗真 - ジャンル:アイドル・芸能

桑田佳祐さん×岸谷五朗さん(僕らの音楽)
先週、偶然「僕らの音楽」に岸谷五朗さんが出る、と知ってビデオに録画しました。
岸谷さんがこういうトークがある番組に出ているのを見たのは久しぶりでした。
だいじろうは岸谷さんのしゃべりが大好きです。
桑田佳祐さんとは地球ゴージャスの「クラウディア」からのお付き合いと思っていましたが、桑田さんが地球ゴージャスのお芝居に感動したことから、お付き合いが始まったそうで、とても仲が良いそうです。
桑田さんがどんな思いで曲を作っているか、また普段からどんなことを感じているかというのがわかって、とても心に残るお話が聞けました。
「僕らの音楽」は普段、見ることができない組み合わせのゲストのお話が聞けたり、普段の姿や思いをかいま見ることができて、とても新鮮な気持ちになることができる番組です。
だいじろうにとって、これからも見るのが楽しみな番組のひとつです。
*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。