だいじろうの大好きな日々
だいじろうの大好きな演劇、テレビ、いろいろなことをつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年を振り返って
いよいよ2007年も最後の数時間となりました。
いつもこのブログにきてくださる方、検索などでたどりついてくださった方、本当に一年間ありがとうございました!
演劇が大好きで、このブログでも演劇のことをお話しすることが多いのですが、演劇好きを公言するのがはばかられるぐらい、お芝居を見に行けていないだいじろう。
今年は残念ながら一本も見にいけませんでした。
そこで自分で時間が自由に選べる映画とテレビを見ることがどうしても多くなりました。
その中でも演劇を見たくてたまらないだいじろうの心をとらえてはなさなかったのがゲキ×シネの「髑髏城の七人」と「朧の森に棲む鬼」です。
とにかくとてもよくて、知らなかった素敵な役者をたくさん知ることもできました。
ドラマでは大河ドラマ「風林火山」、「花ざかりの君たちへ」、「SP」を主に見ました。
特にだいじろうの2007年を象徴しているのは「花ざかりの君たちへ」です。
その少し前に見た映画「キサラギ」の家元役がとても良くて、一気にはまった小栗旬さんや劇団Studio Lifeの姜暢雄さんが出演するということで見始めたドラマでしたが、見事にはまりました。
たくさんの若い俳優さんにも出会うことができて、また楽しみが広がりました。
そして子どもと見始めた「仮面ライダー電王」にも魅入られています。
だいじろうが特に気になるのは声優さんたちです。
それまであまり触れることの無かった世界です。
まだ足を踏み入れたばかりですが、来年はいろいろと知っていきたいなと思っています。
最後に映画を・・・。
実は映画も今年はあまり見られませんでした。
けれどその少ない中でも「舞妓haaaan!!!」「キサラギ」という素敵な映画と出会えたことがとてもうれしいです。
来年は自分の生活パターンがまた少し変わるので、少し映画がたくさん見られるのでは・・と今から期待しています。
そして素敵なドラマや素敵な役者さん、俳優さんに出会えるのを心から楽しみにしています。
お芝居は・・・残念ながらもう少し我慢しなければならないようですが、いつか心おきなく見にいける日が来ることを楽しみにしたいと思います。

あらためて、今年一年本当にありがとうございました。
来年もまたここに来てくださるみなさんとお話しできるのを楽しみにしています。
皆さんのおかげでだいじろうは見にいけなかったお芝居を感じることができたり、素敵な出会いを得ることができます。
来年もぜひ気軽に遊びに来てくださいね。
どうぞこれからもよろしくお願いします!
スポンサーサイト

テーマ:今年1年を振り返ろう - ジャンル:日記

「アドルフに告ぐ」アンケート?!(Studio Life)
劇団Studio lifeの公演「アドルフに告ぐ」もいよいよ残り一日となりました。
かなり乗り遅れていただいじろうは今、一生懸命、いろいろな方の感想めぐりをしています。
そして「daily LIFE」も読みかけでしたが、全部読みました。
その中に12月24日の甲斐政彦さんの回で”緊急企画 アドルフカップ「誰が一番化けてる!?」なるものがありました。
27日の甲斐さんのブログにもアップされていましたが、遅ればせながらだいじろうも参加してみました。
一人ずつの写真を丹念に見ていくだいじろう。
公演を見ることができないだいじろうにとってはこの一枚ずつの写真がなんとも言えず、うれしいです。
だいじろうがびっくりしたのは、6番の甲斐さんと7番の倉本さんです。
そして密かにもっとびっくりしたのは石飛さんが坊主頭になっていたことです。
役に合わせてしたんだと思うのですが、おとつい劇団員紹介の写真の石飛さんを見て、素敵な髪型!と思ったところだったので、とっても驚きました。
他の方の写真も何度も見ては、一人で喜んでいます。
あと1日と思うと非常にさみしいですが、無事千秋楽を迎えられることを願っています。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

坂の上の雲(NHK)
大河ドラマの新しい情報がないかな・・とネットをうろうろしていたら、NHKで司馬遼太郎さん原作「坂の上の雲」が放送される、というニュースを見つけました。
司馬遼太郎さんの作品が大好きなだいじろう。
思わずいろいろと探してしまいました。
そして出演者の中に小澤征悦さんの名前を発見しました。
とってもうれしいです。
他の出演者は本木雅弘さん、阿部寛さん、香川照之さん、菅野美穂さんのお名前がありました。
実際にもう撮影も始まっているそうで、野球のシーンを撮影している写真もありました。
ただ、大好きと言ったわりにはだいじろうは「坂の上の雲」はまだ読んでいないのです。
放送までに読まなくては・・と、早速読む気満々になりました。
放送は2009年から。
3年間にわたって、スペシャルドラマとして放送されるそうです。

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

ミュージックステーション スーパーライブ
連休の間に、12月21日(金)にあった「ミュージックステーション スーパーライブ」を見ました。
これを見れば、一年間の音楽がなんとなく網羅できる気がします。
だいじろうが好きな人もたくさん出ていました。
特に最近、頭の中でエンドレスで流れているV6の「way of life」が聞けて満足です。
ドラマ「SP」のエンディングに流れるのですが、それがとてもいいのです。
テレビの前で延々と歌い続けるだいじろう。
まるでカラオケに行った気分でした。
他にも今年はまったドラマ「花ざかりの君たちへ」の主題歌・エンディングのORANGE RANGEの「イケナイ太陽」・大塚愛の「PEACH」も聞けてうれしかったです。
そう思ったら、ドラマと音楽っていまや切っても切れない関係なんだなぁ、とあらためて思いました。
そして大好きな平井堅さんはだいじろうが一番気に入っている「君の好きなとこ」を歌ってくれました。
幸せな気持ちになれる曲です。
年末は歌番組が豊富でJ-POP好きなだいじろうは今からわくわくしています

テーマ:音楽番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

「ファイブ」
年末・年始の特番をいろいろとチェックしていて発見したドラマ「ファイブ」。
NHKのお正月ドラマスペシャルだそうで、1月5日(土)の夜9時から10時半まで放送されます。
主演は岸谷五朗さんです。
筧利夫さん、相島一之さん、田中要次さん、黄川田将也さん、近藤公園さん、と思わず飛び上がりそうなくらい素敵な方がそろっています。
お話は岸谷さん演じる実業団バスケのスターが万年最下位チームに移り・・・という感じですが、皆さんかなりバスケの練習をしたようです。
そういえば、筧さんのブログでバスケを頑張っていることがずっと書いてありましたが、いよいよ放送になんだなぁと感慨深くなります。
今から本当にわくわくしているだいじろう。
お正月はたくさんいろいろな番組があるからうれしいです。
ギンギラ太陽’s
先日のブログに少し書いた福岡の劇団「ギンギラ太陽’s」。
あのとき”ときめいた”と書きましたが、その後もなんとなく気になっていました。
そして昨日・・。
たまたま読んだ「日経エンタテイメント」に少しですが、主宰の大塚ムネトさんの写真とともにとりあげられていました。
「ギンギラ太陽’s」は福岡を拠点にしている演劇集団です。
役者さんはみんな「かぶりモノ」を被り、「建物」や「乗り物」を始めとした「モノ」を擬人化することでお話を進めていきます。
コントではなく、主宰の大塚ムネトさんが徹底した地元取材を行い、その情報源に基づいて描かれた脚本を演じています(劇団HPより)。
最近は東京でも公演を行っているようで、徐々にその世界は広がっているようです。
だいじろうはまだ雑誌で見ただけですが、だいじろうの心にビビッときたのです。
とっても気になります。
なかなか見ることはできないと思いますが、1度公演を見てみたいな・・と思います。
見たことがある方の感想も聞いてみたいと思います。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

1月新ドラマ
秋からのドラマがそろそろ最終回を迎えていますね。
そうなると気になるのが1月からのドラマです。
だいじろうも今から何を見ようかな・・と悩んでいます。
まずはNHKの大河ドラマ「篤姫」です。
これはずいぶんと前から楽しみにしていたのでぜひ見たいと思います。
そして大好きな小栗旬さんが主演の「貧乏男子」。
お話はまだよくわからないのですが、「キサラギ」でも共演していたユースケ・サンタマリアさんとも一緒ですし、おもしろそうだな~、と思っています。
やはり大ファンの小日向文世さんが初めて主演をつとめる「あしたの、喜多善男」。
こちらもまだストーリーがよくわからないのですが、小日向さんのよさがどんなふうに生かされるのか、わくわくしています。
もうひとつ気になっているのは「ハチミツとクローバー」です。
この作品は以前映画にもなりましたが、その時からおもしろそうな話だなあと思っていただいじろう。
映画を見たいなあと思いつつ、まだ見ていないので、テレビを見て是非楽しみたいと思います。
主演は生田斗真さんです。
他にも成宮寛貴さんやNHK「わかば」に出ていた原田夏希さんなどが出演しています。
最後まで全部見られるかわかりませんが、まずは1月にビデオを録り逃さないよう、しっかり用意をしておきたいと思います。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

PS3のCM(河野まさとさん・古田新太さん)
mixiのコミュで知ったのですが、今放映されている「プレイステーション3」のCMになんと劇団☆新感線の河野まさとさんが出ているらしいのです。
早速、そのCMを見に行っただいじろう。
ありました、こちらです。
そしてさらにびっくりしたことにメインは同じ劇団の古田新太さんです。
ちょっと抜けた感じのお父さんです。
髪型が違うとこんなに違って見えるんだ!と妙に納得しただいじろう。
店員役の河野さんも見られて、しっかり満足のだいじろうでした。

テーマ:CM - ジャンル:テレビ・ラジオ

ローソンチケットENTA版1月号
毎月半ばになるといそいそとローソンへ向かうだいじろう。
今月も早速もらってきました。
表紙とスペシャルインタビューは松山ケンイチさんです。
だいじろうが初めて松山さんを知ったのは「デスノート」ですが、今回はそのスピンオフ作品「L chang the WorLd」についてのお話が中心でした。
表情やお話を聞くたびにだいじろうの中での松山さんのイメージがかわっていきます。
役のイメージと重なっていくのでしょうか。
そのほかには瑛太さんのインタビューとTEAM NACSの森崎博之さんと福岡の劇団「ギンギラ太陽’s」の大塚ムネトさんの対談が載っていました。
大塚ムネトさんは初めてだったのですが、写真を見ただけでときめいただいじろう。
お芝居が見てみたい!と強く思いました。
なんだかとってもおもしろそうです。
他にもいくつかのお芝居の情報が載っていましたが、だいじろうが今とても気になっているのが演劇集団「キャラメルボックス」の「きみがいた時間 ぼくのいく時間」です。
主演は久しぶりの出演になる上川隆也さんです。
だいじろうは映像と写真でしかキャラメルボックスに出ている上川さんを見たことがないのですが、やっぱりしっくりくるな~と思ってしまいます。
東京、大阪、神戸しかないので見に行くことはできませんが・・・。
これからの情報をいろいろチェックしてみようと思います。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

Top Stage & LOOK at STAR
だいじろうが毎月楽しみにしている「Top Stage」 と「LOOk at STAR」。
買ってからだいぶたってしまいましたが・・・。
どちらもNODA・MAP「キル」で初舞台を踏む妻夫木聡さんが大きくとりあげられていました。
相手役の広末涼子さんや共演の勝村政信さんとの対談でしたが、読んでいても楽しそうでだいじろうも舞台が始まるのが楽しみになりました。
あとはV6の森田剛さんが人切り以蔵といわれる岡田以蔵を演じるのですが、その舞台のことも大きく取り上げられていました。
こちらもとても楽しみなのですが・・・。
ゲキ×シネとして上映されないかな~とひそかに期待しているだいじろう。
小栗旬さんの「カリギュラ」の舞台写真も載っていました。
こちらはWOWOWで見ることができると思うと、写真を見ていてもわくわくします。
そしてなんといっても、だいじろうが思わず声を上げてしまうほどうれしかったのは「トプステ」の秋山奈津子さんと北村一輝さんのインタビューです。
秋山さんが大好きなだいじろうは何度も読みました。
本当にうれしかったです。
他にも見たかった舞台の写真などもあって、大満足でした。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

内野聖陽さん(スタジオパークからこんにちは)
13日(木)のNHK「スタジオパークからこんにちは」は内野聖陽さんがゲストでした。
大河ドラマ「風林火山」もいよいよ今日、最終回を迎えますので、そのお話が中心でした。。
オープニングで登場した内野さんを見て、思わず若いな~と思ってしまっただいじろう。
最近、勘助として見慣れていたので、当たり前ですが、素の内野さんとは様子が違っていました。
ずっとドラマでつけていた衣装や眼帯、よろいなども紹介され、それについてのエピソードも聞くことができました。
そして撮影の思い出などを聞いたあと、武田信玄役の市川亀治郎さんへのお手紙も読まれました。
これは撮影中に内野さんが市川さんへ書いたお手紙で、このお手紙が出てきた時、内野さんはびっくりしていましたが、ドラマのことを思い、勘助が御屋形さまへという形で書かれた物で、聞いていてとても熱いものが伝わってきました。
その後、市川さんが選んだ勘助の名場面、柴本幸さんが選んだ勘助の名場面がそれぞれ紹介され、またその時のエピソードも聞くことができました。
1年間、長かったようで短かったですが、内野さんにとってはとても大変な一年間ではなかったかと思います。その並々ならぬ思いが伝わってきた1時間でした。
来年からの内野さんの活躍もとても楽しみです。

テーマ:テレビなんでも - ジャンル:テレビ・ラジオ

平田敦子さん(めざましどようび)
朝、なんとなくテレビをつけただいじろう。
たまたまうつった番組でドラマ「SP」のコーナーをしていました。
フジテレビの「めざましどようび」で「SP」の紹介コーナーが毎週あるようです。
思わず手がとまってしまいました。
しかもちょうど「今日は平田敦子さん・・・」というアナウンサーの言葉にテレビに釘付けになりました。
そして撮影現場に平田さん登場です。
岡田准一さんと堤真一さんの平田さんについてのコメントや、実は平田さん演じる庶務係の原川さんは堤さん演じる尾形さんに好意を持っているという裏設定まで明かされました。
しかも当の平田さんは最近まで知らず、自分で岡田さん演じる井上さんが好きと勝手に決めていたそうです。
このごろはアドリブも交えて演技しているという平田さん。
登場時間は非常に短いですが、細かいところも見なくては、とますます楽しみになりました。

テーマ:SP - ジャンル:テレビ・ラジオ

「SP」第4話「元総理を救出せよ」
先日、一気に1~3話まで見た「SP」。
その後が気になりつつ見ていなかったのですが、ちょっと時間ができたので早速ビデオにスイッチを入れるだいじろう。
テロリストを倒し始めたところで終わっていましたので、どきどきしながら見始めました。
アクションの連続に思わず見入ってしまいましたが、主演の岡田准一さんのアクションが本当に素晴らしくてびっくりしました。
とにかく体の動きがすごいです。
そんな緊迫した中、ふと息をつけるのが、行動を共にする看護婦役の深浦加奈子さんが出ている時です。
表情やちょっとした言葉がなんだか良くて、全体にめりはりがついていたような気がしました。
だいじろうとしては犯人役の北村有起哉さんも非常に気になったり・・・とドラマ全てが目を話せない感じでした。
そして・・・予告にラーメンズの片桐仁さんが出てきて、さらにヒートアップです。
予告を見た瞬間に早く次回を見ようと心に決めただいじろうでした。

テーマ:SP - ジャンル:テレビ・ラジオ

ホレゆけ!スタア☆大作戦
お休みの日にずっとたまっていた「ホレゆけ!スタア☆大作戦」を見ました。
1本目はゲストが井上芳雄さんです。
バラエティーに出ているのは、初めて見ましたが、古田新太さんや生瀬勝久さんに負けていなかったのでちょっとびっくりしました。
とても面白かったです。
舞台で歌っている様子も流れてだいじろう的にも大満足です。
すばらしい歌声で一瞬聞きほれてしまいました。
2本目は韓国のSS501という男性5人のグループがゲストでした。
だいじろうはまったく知らなかったのですが、日本でも大人気だそうです。
フリートークは主に彼らの紹介でした。
そして3本目です!
だいじろうがとっても楽しみにしていた羽野晶紀さんがゲストの回でした。
彼女が「ホレスタ」に出るらしいと聞いてから本当に楽しみでした。
だいじろうが舞台を見始めた頃にはかなりの人気だった羽野さん。
テレビでも活躍していたし、とても素敵で面白くて大好きでした。
結婚してテレビや舞台に出なくなって本当に残念だったのですが、ついに復活です。
古田さんや生瀬さんとは旧知の仲ということで話も盛り上がって、羽野さんもぜんぜん変ってなくて見ていてうれしくなっただいじろうです。
これからの活躍がとっても楽しみになりました。

テーマ:テレビなんでも - ジャンル:テレビ・ラジオ

会報到着!(club LIFE)
昨日、郵便ポストをのぞいて見ると楽しみに待っていた「club LIFE」の会報が届いていました。
早速あけてみるだいじろう。
まずは担当さまのお手紙を読みます。
石飛幸治さんは今年の公演のこと、会報にもかいていたダイエットのこと、そして次回公演に向けての言葉がありました。
いつもやさしいお手紙で呼んでいると気持ちがほっこりしてきます。
山本芳樹さんはファンへの感謝の言葉と次回公演への意気込みが書いてありました。
今年は挑戦の年ということでしたが、外部公演などもあり、10ヶ月ぶりのライフ公演だそうです。
そして封筒の中には次回の外部公演のチラシも入っていました。
一方の会報のほうもとっても読み応えがありました。
インタビューもあり、一人ひとことのコーナーもあり・・・で劇団員全員の言葉が聞けるというのはとてもうれしいです。
退団や休団もあって、とっても寂しいのですが、「地方公演」という文字を見るとやはりうれしくなります。
今から来年が楽しみでわくわくしてきました。
来年はライフの舞台が見に行けたら・・・と心から願っています。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

小澤征悦さん(徹子の部屋)
もうずいぶん前に放送された「徹子の部屋」の小澤征悦さんが出演した回をやっと見ました。
とても楽しみにしていたはずなのに、なかなか時間がとれず・・・。
以前、小澤さんが「徹子の部屋」の特別番組に司会をしたときの話がとてもおもしろかったです。
だいじろうはその番組を見ていないのですが、VTRが少しだけ見ることができました。
黒柳徹子さんがしゃべっているところをとにかくひたすら小澤さんが仕切っていくのですが、初めての司会とは思えない仕切りっぷりにだいじろうは大笑い。
生放送だったそうですが、小澤さんはすごい、と思いました。
そしてお父さんの小澤征爾さんのお話も。
最初の映画の試写を家族で見に行ったそうですが、お父さんは号泣だったそうです。
今も時々、試写は家族で行く、という話が微笑ましくて、お母さんの話やお姉さんの征良さんの話など家族の仲のよさがとっても伝わってきました。
映画「犯人に告ぐ」の話もされていましたが、最後は来年の大河ドラマ「篤姫」で西郷隆盛を演じているお話をしていました。
小澤さんの眉毛の太さが決め手になったのでは?などと笑わせていましたが、実際に演じる時にはさらに眉毛を書き足しているそうです。
でも誰も気づかないそうで、どんな眉毛なんだろうと早く見たくてたまらないだいじろう。
小澤さんの最近の活躍は本当にすごくて、見ていてもうれしいですが、やはり来年の大河が今、一番の楽しみです。

テーマ:テレビなんでも - ジャンル:テレビ・ラジオ

アドルフに告ぐ(Studio Life)
甲斐政彦さんのブログにもありましたが、劇団「Studio Life」の次回公演「アドルフに告ぐ」の制作記者発表と「手塚治虫イズムを受け継ぐものとして」という記念トークイベントがあったようです。
だいじろうはYahooのニュースを見たのですが、皆さん揃いのスーツを着ていてとてもりりしくて素敵です。
「アドルフに告ぐ」は手塚治虫さん原作の長編漫画作品です。
だいじろうは読んだことがなくて、今探しているところですが、公演が終わるまでに読めるかどうか・・・。
でも内容を良く知っていると、見に行かれた方の感想を読むのにもずいぶん違うので、ぜひ読んでおきたいと思います。
ライフのHPではラジオ「チケット情報局」も始まっています。
聞いていると公演が待ち遠しいです。
見に行くことはできませんが、見に行った方の感想をめぐるのが今からとても楽しみでたまらないだいじろうです。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

acteur(アクチュール) NO.9
11月21日に発売された「acteur」。
いつもより発売が遅かったのは気のせいでしょうか・・・。
松山ケンイチさんが表紙です。
だいじろうがまずめくったのはやはり小栗旬さんのページです。
舞台「カリギュラ」の稽古の様子や、小栗さんの様子が書かれていてつい夢中になって読みました。
そして「小栗旬報」は「名探偵コナン」の写真と小栗さんの近況です。
このコーナーの写真をとったのが、以前小栗さんが24時間テレビ内のドラマ「ユウキ」で演じたハマちゃんという役のモデルになった方ということで、とてもうれしかったみたいです。
だいじろうが思わずうれしくなったのは三浦友和さんのインタビュー。
三浦友和さんはだいじろうが子供の頃から好きな俳優さんです。
大人の雰囲気ただよう写真に思わず見入ってしまいました。
おもしろい映画には三浦さんの姿を見かけることも多く、映画に対する三浦さんの思いを感じることができました。
そして、もう一人。
小木茂光さんが「気になる演者たち」というコーナーで取り上げられていました。
だいじろうは小木さんもとても好きなのです。
本当に渋くて、すてきな俳優さんです。
「acteur」はとりあげられる俳優さんも幅広く、インタビューも写真もよくて、毎号とても楽しみです。
できれば毎月出てくれるといいのにな~と思ってしまう本だと思います。

テーマ:芸能一般 - ジャンル:アイドル・芸能

*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。