だいじろうの大好きな日々
だいじろうの大好きな演劇、テレビ、いろいろなことをつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陰日向に咲く
劇団ひとりさん原作「陰日向に咲く」を見てきました。
ドラマ「SP」を見て以来、主演の岡田准一さんがとてもよくかったので、映画のほうも見てみようと思いました。内容もまったく知らずに見に行ったのですが、もう号泣でした。
だいじろうはもともと涙もろいのですが、後半は泣きっぱなしでした。
お話の流れもよくできていて、びっくりしながら見ました。
出演者は他に宮あおいさん、三浦友和さん、西田敏行さん、塚本高史さん、伊藤敦史さん・・・他にもたくさんいます。
大人計画の役者さんの名前もありました。
最初は一人一人のお話が交錯しながら、進んでいきます。
宮さんはとってもキュートでかわいくて、見ていてうれしくなりました。
だいじろうはずっと三浦さんが大好きなのですが、モーゼ(西田敏行さん)にあこがれる姿はなんだか新鮮でした。
話がどんどん流れているうちに、納得!と思うところが多くて、ちょっとしたどんでん返しがあったりであっというまの2時間ちょっとでした。
原作もぜひ読んでみようと思います。


スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

「夏の夜の夢」先行予約
だいじろうのところにも先日、Studio Lifeから「夏の夜の夢」の公演他もろもろの先行予約の案内が来ました。
久しぶりの地方公演でどこであるのかな~と眺めるだいじろう。
一番近いのはどうやら大阪のようです。
行けるわけでもないのに、真剣にいろいろ考えてしまいました。
今回は公演終了後にパーティーがあったり、宿泊ホテルがついたセットなどもあって、いろいろ考えてあるな~と思います。
だいじろうはイベントなどにも参加したことがないので、パーティーも気になります。
まだまだ先の話ですが、また公演やイベントなどの様子も知りたくて、しばらくはひんぱんにHPなどにも通ってしまいそうです。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

ハチミツとクローバー第3話「夏、花火と散った片想い」
第1話を見て、完璧にはまってしまった「ハチミツとクローバー」。
なのに第2話をうっかり録り逃してしまいました。
なので今日は第3話を見ました。
第2話は予告とHPのストーリーの部分で補います。
第3話は夏休み明けから始まりました。
鳴海璃子さん演じるはぐみは自分の恋心に気づいて、原田夏希さん演じるあゆみは向井理さん演じる真山をあきらめられないことにあらためて気づきます。
生田斗真さん演じる竹本もはぐみの気持ちに気づいてしまいました。
見ているだけでとっても切なくなってくるだいじろう。
ずっと見ている中でじわじわとだいじろうの中で気になってきたのが、真山を演じる向井理さんです。
今まで向井さんを見たことがなかっただいじろうは早速、いろいろ見てきました。
なんと向井さんのブログもありました。
しばらくは毎日通ってしまいそうです。
小日向文世さん(L’ala Pado)
だいじろうが住んでいるところでよく見かける「L’ala Pado」というフリーペーパーがあります。
毎号読んでいるのですが、インタビューにだいじろうが好きな俳優さんがよく出てきます。
それも大きな楽しみの一つ。
今月は小日向文世さんのインタビューでした。
小日向さんが主演している「あしたの、喜多善男」のお話が中心で、あまりに不運な喜多善男を最初は上から目線で見て欲しい、と話しています。
でもいつか共感し、応援し始める・・・そんなドラマだそうです。
どんな役も演じられる小日向さんは素晴らしい俳優さんだと思います。
冷酷な人を演じれば、本当にそう見えるし、人が良い役は本当にほのぼのとしたかわいらしい男の人に見えたり。
だいじろうは舞台「オケピ」のかわいらしい感じがとても好きです。
これからもきっといろいろな男の人を見せてくれるだろう小日向さんからやっぱり目が離せません。
ホレゆけ!スタア☆大作戦!!
録りたまっている「ホレゆけ!スタア☆大作戦」を2つほど見ました。
升毅さんがゲストの回とみうらじゅんさん・いとうせいこうさんの回です。
鼻血小五郎さんとして出てきた升さん。
その昔『現代用語の基礎体力』という番組に古田新太さん、生瀬勝久さん、羽野晶紀さんたちと出ていたそうです。
鼻血さんもその中のキャラクターらしいです。
かなり贅沢なメンバー!と一人で盛り上がるだいじろう。
その時の映像もちょっと流れましたが、みんな若いです!
そしておもしろかった・・・。
裏話なども聞けて、ウハウハ笑ってしまいました。
しかもどうやらその番組が近々DVDで復活するらしいです。
本気で欲しくなっただいじろう。
とってもシュールなコントたちでした。
一方みうらさんたちはマイペースに舞台の小物を見てお話をしています。
今までの経歴とかを紹介しつつ、雑談ぽくもりあがっていました。
こちらも不思議な感覚でとても面白かったです。
仏像好きということで最後には古田さんが金色に輝く仏像になってしまいました。
ある意味すごい映像でびっくりです。
篤姫第2話「桜島の誓い」
「篤姫」の第2話を見ました。
薩摩藩家老の調所広郷役は平幹二朗さんです。
財政難だった薩摩藩を蓄えがあるほどまでに回復させるのですが、そのやり方に問題があり、藩の人からも恨まれ、最後には幕府にばれた責任を負い、自害してしまいます。
わずか2話の出演でしたが、平さんの存在感はとてもすごかったです。
そしてだいじろうが思わずうれしくなったのは、ほんの少しですが、三宅弘城さんの姿が見えたことです。
原田泰造さん演じる大久保利通の家で仲間の一人としてすわっていました。
出演するのは知っていたのですが、こんなに早く見られるとは思わなかったです。
こうしてまわりにチラッとうつる俳優さんのお顔を見るのもだいじろうのひそかな大河の楽しみです。

テーマ:篤姫 - ジャンル:テレビ・ラジオ

ハチミツとクローバー第1話「春、恋におちた瞬間」
「ハチミツとクローバー」も始まりました。
昨年、いいなぁと思っていた生田斗真さんが主演ということで見るのを楽しみにしていただいじろう。
このお話も原作を読んだことがないので、ドラマそのままを楽しもうと思っています。
最初から話に入りやすくて、とても面白かったと思います。
学生モノがわりと好きなだいじろう。
雰囲気もなんだか懐かしく、ほほえましい感じでした。
生田さん、成海璃子さん、成宮寛貴さん、原田夏希さん、向井理さんがメインですが、だいじろうがちょっと気になったのは画商の寺登さん役の前川泰之さんです。
テンションが高くて、いい感じでした。
モデル出身の方だそうです。
これからもときどきでてきそうなので、しっかりチェックしたいと思います。
この先のお話もまったく知らないので、どんな展開が待っているのか今からわくわくしているだいじろうです。
篤姫第1話「天命の子」
ずっと楽しみにしていた大河ドラマ「篤姫」。
どきどきしながら第1話を見ました。
最初だからしょうがないけれど、ちょっと人物と歴史の紹介をしつつ、という感じでお話がスタートしました。
主要人物も結構出てきたように思います。
だいじろうが楽しみにしていた、島津久光役の山口祐一郎さん、西郷隆盛役の小澤征悦さん、徳川家定役の堺雅人さん、と皆さん期待通りでうれしくなりました。
そして主役の宮崎あおいさん、小松帯刀役の瑛太さんも若々しくて、見ていてほのぼのしました。
脇の俳優さんたちの演技に支えられることで、お話にも厚みを増すと思いますし、どの俳優さんもしっくりきていて、見ていてうれしくなっただいじろう。
まだまだ先は長いですが、これからお話もどんどん展開していくと思いますし、とても楽しみにでわくわくしています。

テーマ:篤姫 - ジャンル:テレビ・ラジオ

LOOK at STAR!2月号
最初にパラパラと読んでいて、思わず目に留まったのがNODA・MAPの「キル」です。
この舞台で妻夫木聡さんが初舞台を踏みましが、舞台の感じはどうだったのかな、と気になりました。
写真では妻夫木さんの表情がいいな、と思ったのですが・・・。
見に行きたかった舞台のひとつです。
「死ぬまでの短い時間」では秋山奈津子さんがとてもすてきだし、北村一輝さんのダンスが新鮮!と書いてあって、これまた気になります。
そしてワンショットですが、初舞台の田中圭さんも載っていて、うれしくなりました。
「テイクフライト」のライト兄弟(橋本じゅんさん、池田成志さん)の名コンビぶりがうかがえる写真に楽しくなったり・・・。
インタビューのほうでは久しぶりに風間俊介さんが出ていて、しかもだいじろうが住んでいるところにどうやら公演でくるらしい・・と知って、見に行けないのがとても残念になりました。
劇団Studio Lifeのプロデュース公演「カルフォルニア物語」はチラシ撮影の様子が載っていました。
衣装を着て、みんなでうつっている姿はまったく違和感なくて、「トプステ」を見たときに感じた不思議な感じはこちらでは感じませんでした。
そのことがまた不思議で・・・。
この舞台が本当に楽しみです。
そして最近だいじろうが気に入っている「ギンギラ太陽’s」。
主宰の大塚ムネトさんのインタビューと役者さんの写真がありました。
ついついくいついてしまうだいじろう。
2年前から東京にも公演に行っているようですが、だいじろうの住んでいるところにも来てくれないかな~とついわがままなことを考えながら、読みました。
いつか公演をみるのが今からとても楽しみです。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

Top Stage Vol.54
お正月に買った「Top Stage」。
今号はどうやら少し早めの発売だったようで、残りがとっても少なくなっていました。
特別編集の「STAGE MEMORIAL'07」が出たからですね。
ぜんぜん知らなくてちょっとあせってしまいました。
まずだいじろうが飛びついたのは、久しぶりに登場の山口祐一郎さんです。
大河ドラマ「篤姫」のお話でしたが、読んでいてとてもうれしい気持ちになりました。
そして「カルフォルニア物語」から金景太さん、岩大さん、林剛史さん、及川健さんの4人が出ていました。
だいじろうは金さんは初めてだったのですが、林さんがどうしてもデカレンジャーのイメージが離れなくてライフのお2人との並びがなんだかとっても不思議に思ってしまいました。
でもしっくりきているような。
この不思議な気持ちがこの作品のよさなんだろう、と思います。
公演が始まるのが本当に楽しみになりました。
最後にとっても残念だったのは市川春猿さんのコラムが最終回だったことです。
毎回とても楽しみだったので、最終回というのにとってもびっくりしました。
またどこかでいろいろなお話が聞けたら・・と思います。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

年賀状
元旦に郵便受けを見に行くとたくさんの年賀状の中にStudio Lifeの年賀状を見つけました。
集合写真の年賀状に思わずテンションが高くなるだいじろう。
つい担当さまのお顔を探してしまいます。
みなさんとても素敵な笑顔でお正月からとってもHappyになりました。
よく見ると、残念ながらうつっていない方もいるのですが、きっとまた舞台でお会いできるのを楽しみに・・・。
今年は地方公演も再開してうれしいニュースが多いライフ。
近い将来、だいじろうの住んでいるところにもまた来てくれて、観劇できるようになるかも・・・とひそかに期待しています。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

NHK大河ドラマ「篤姫」
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

年が明けると気になってくるのが今年の大河ドラマです。
本屋さんに続々と関連の本が並び始めてわくわくしているだいじろう。
あらためて出演者の方のお話や演じる役柄についていろいろ見てみます。
だいじろうがちょっと驚いてうれしくなったのが、瑛太さんが演じる小松帯刀(肝付尚五郎)の役どころです。
実は幼馴染とだけとらえていただいじろうは、後半はあまり出ないのかな・・と不安だったのですが、どうやらそんなことはなさそうでした。
だいじろうが大好きな俳優さんがたくさん出ている「篤姫」ですが、特に楽しみにしているのが、島津久光を演じる山口祐一郎さんです。
関連本にもほとんどコメントが載っていて、ますますうれしくなっています。
そしてひそかにだいじろうが気に入っているのは本の表紙にもなっていた番組HPのトップの写真です。
だいじろうは見たことが無いけれど、もし篤姫が写真を撮っていたなら、こんな風に毅然とカメラに向かったのでは、と感じさせる宮さんの姿がとても素敵です。
いろいろな楽しみが詰まっている「篤姫」は1月6日スタートです。

テーマ:篤姫 - ジャンル:テレビ・ラジオ

*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。