だいじろうの大好きな日々
だいじろうの大好きな演劇、テレビ、いろいろなことをつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「鈍獣」映画化!
以前、舞台で上演された宮藤官九郎さん作「鈍獣」が映画化されるそうです。
映画版の脚本も宮藤官九郎さんで、主演は浅野忠信さんです。
舞台版はだいじろうも見に行きました。
出演は池田成志さん、古田新太さん、生瀬勝久さん・・他です。
正直なところ、舞台を見ながら混乱してしまっただいじろう。
後からいろいろ思い返してやっと納得できました。
そして今回の映画化のニュースで初めて知ったこと。
それは池田成志さんが主役だった!ということです。
なんとなく3人ともが主役のように思えていたのですが、成志さんの演じた「何度殺されても死なない鈍感な男」が主役でした。
その役を映画では浅野さんが演じるそうです。
成志さんがとても強烈だったので、浅野さんが演じるとどうなるんだろう・・と不思議な気持ちになっただいじろう。
まだ映画の詳しい情報がわからないのですが、今からとても楽しみです。

スポンサーサイト

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

堺雅人さん
7月21日(月)の「笑っていいとも」と「徹子の部屋」、続けてゲストだった堺雅人さん。
とっても楽しみにしていただいじろうですが、今日、やっと見ることができました。
「笑っていいとも」のテレフォンショッキングのほうでは映画「ジャージの2人」のつながりから北軽井沢のお話が中心でした。
一方の「徹子の部屋」は初めての出演だったようで、小さいときのお話から始まりました。
こんなにじっくり堺さんの歴史(?)を振り返ったのは初めてのような気がします。
初めて聞くお話も多くて、とってもうれしかっただいじろう。
子供のころのお遊戯会の役について悩んだお話や、小・中学生のころの写真、大学の劇団時代のお話など貴重なお話についつい夢中になってしまいました。
大河ドラマ「篤姫」の家定のことや「ジャージの2人」の話や映像も見ることができてとてもうれしかったです。
映画もとても堺さんらしくて、見てみたい!と思いました。
だいじろうが住んでいるところではどこで映画が公開されるのか、まだわかりませんが、調べてみて、できれば見に行きたいと思います。
最近、とても活躍していて、注目を浴びている堺さん。
これからがとても楽しみです。

テーマ:好きな芸能人。 - ジャンル:アイドル・芸能

ちりとてちんメモリアルブック
「ちりとてちんメモリアルブック」の発売日の2,3日後にのほほんと本屋さんに向かっただいじろう。
するとなんと!売り切れでした・・・。
あわててあちらこちら探したのですが、みんな売り切れ。
ネットで探すもこちらも売り切れが多い・・・。
結局、近くのNHKに直接買いに行きました。
おうちで早速わくわくしながらページをめくるとまずはお話の各場面の写真が載っています。
その最初の写真ところでもう涙が・・・。
ステラのインタビューをはさみながら、各週のあらすじが写真とともに載っているのですが、そちらのほうも泣きながら読みました(苦笑)
なぜか草若師匠の写真を見ると泣いてしまうだいじろう。
でも草若師匠役の渡瀬恒彦さんのステラのインタビューはとてもうれしかったです。
全セット紹介でもひとつひとつのお部屋を改めて確認します。
四草さんのお部屋はつい食い入るように見てしまいました。
ステラ記者のK友さんのところではうらやましい・・と思いつつでも大変さを感じたり。
壁を蹴破ってのプロポーズのシーンはあらすじを読むだけでまた感動しました。
そして草若師匠がなくなる週のあらすじを読んで、また号泣。
そのごろにはタオルが手放せなくなっていました。
<ちりとてちん>の疑問のところでは九官鳥の平兵衛の声を加藤虎ノ介さんがしているのを知り、驚きました。
スタッフ日記やオフショットなどもしっかり見ました。
そして本を閉じるとDVDの宣伝が・・・。
あらすじを読むたびにDVDがほしくなります。
全部を確認したくなるのです。
見ていない部分も多いし、総集編でもカットされている部分もたくさんあります。
あらすじは全週、とても細かく載っていてうれしかったです。
写真もいっぱいあったし、ステラのインタビューがもう一度見れたり、それに対するコメントもよかったです。
ステラインタビューはインタビューそのものと、当時を振り返ってそれぞれコメントがありましたが、それもいろいろな気持ちを知ることができてよかったです。
この本は買って本当によかったです。
そして「ちりとてちん」はあらためていいドラマだったんだな、と心から思いました

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ

夢をかなえるゾウ
今朝、ネットのニュースを見ていて、思わずくいついてしまっただいじろう。
そこには小栗旬さんに殴られ、顔をゆがませた不思議な格好の古田新太さんの姿が・・・。
これだけでもなんだかおもしろそう!と思っただいじろうですが、詳しく見ると、ますます楽しそうです。
写真は今秋放送予定の日本テレビ系SPドラマ『夢をかなえるゾウ』の一場面のようです。
この本がドラマ化するという話は聞いていたけど、小栗くんが主役というのにびっくりしました。
でもなにより、うれしいのはゾウの神様・ガネーシャを古田新太さんが演じることです。
本をちゃんと読んだわけではないんのですが、なんだかイメージぴったり!という感じがします。
ニュースの写真もこれがまたいい感じです。
放送が今からすごく楽しみになってきました。
できれば、それまでに原作も読んでみたいな、と思います。
「笑っていいとも」と「徹子の部屋」(堺雅人さん)
7月21日(月)の「笑っていいとも テレフォンショッキング」のゲストは堺雅人さんです。
糸井重里さんからのご紹介でした。
どういうご縁なのかな・・と気になりつつ、でもうれしいだいじろう。
そしてなんとその後、「徹子の部屋」も堺雅人さんがゲストだそうです。
これにはとっても驚きました。
偶然だとは思うのですが、堺さんの姿を続けて見られるのがとってもうれしいです。
先日からだいじろうのブログに、「堺雅人さん」「徹子の部屋」というキーワードで訪れてくれる方がとても多かったのですが、もしかしたらもう発表されていたのかもしれません。
とにかく、月曜日は絶対ビデオ予約を失敗しないようにしたいと思います。

テーマ:好きな芸能人。 - ジャンル:アイドル・芸能

ウーマン・イン・ブラック~黒い服の女~
昨日、舞台「ウーマン・イン・ブラック~黒い服の女~」に行ってきました。
だいじろうにとっては2年半ぶりの観劇です。
しかも大好きな上川隆也さんが出演、ということで本当に楽しみにしてきました。
だいじろうが行ったのは、平日のマチネ公演。
地方にすむだいじろうには、今まで平日のマチネ公演の経験がありません。
観客があまり多くないのでは・・・といらない心配までしていまいました。
でも杞憂に終わりました。
たくさんのお客さんがいて、ちょっとびっくりしただいじろう。
2階席はあまりいませんでしたが、1階席はほぼうまっていました。

さて舞台の感想ですが・・・終わって一番最初に思ったのは、怖かった!!ということです。
とにかく怖かったです。



かなりのネタばれを含みますので、感想は折りたたみます。


演劇ぶっく 8月号
本屋さんに「演劇ぶっく」出ているかな~、と見に行ったところ、表紙の池田鉄洋さんがじーっとこちらを見ている姿に思わず手に取りました。
今回の特集は「演劇と映像のカンケイ」。
だいじろうもとてもこのことには興味を持っていて、じっくり読みました。
最近、舞台役者さんのテレビ出演もとっても多いし、映像で活躍していた俳優さんが舞台に出演するということもとても多くなってきました。
インタビューも最近テレビ出演が多い堺雅人さん、今度つかこうへいさんの舞台に出る石原さとみさんを始め、山内圭哉さん、板尾創路さんなど、たくさんの人のお話が載っていておもしろかったです。
そしてだいじろうが興味を引かれたのが「どん底」の舞台写真。
この「どん底」には江口洋介さんが出演しています。
以前、舞台に出演した後、なかなか舞台での姿を見ることができないな・・と思っていたのですが、再び舞台に出演しているのを見て、とてもうれしくなりました。
江口さんもまた映像から舞台へ・・という形です。
他にも宅間孝行(サタケミキオ)さんのロングインタビューもありました。
宅間さんはサタケミキオの名前で今公開中の映画「花より男子~ファイナル~」の脚本も書いています。
こうしてじっくりお話を聞いたことがなかったのでとってもよかったです。
たくさんの記事がつまった「演劇ぶっく」は今号も読み応えがあって、買ってよかった!とうれしくなりました。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

club LIFE 会報到着
先日、club LIFEの会報が届きました。
最近、少しStudio Lifeの情報にうとくなっていただいじろう。
とってもうれしくて一気に読んでしまいました。
外部出演情報もたくさん載っていて、みなさんどんどん活躍の場を広げていっているんだなぁとびっくりです。
気がつけば、「夏の夜の夢」も終わり「Tamagoyaki」も後半ですね。
会報の曽世さんが出演した「Tamagoyaki」の写真を食い入るように見てしまっただいじろう。
誰が出ていたのかな、と気になりました。
役者さんのコーナーも増えていて、読んでいてもとっても楽しかったです。
そして石飛幸治さんのお手紙もほんわかとなりました。
もうちょっとまめにいろいろ見なくちゃ!と反省しつつ読んだ会報でした。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

青木崇高さん
「ちりとてちん」のお話が続きますが・・・・。
草々さん役の青木崇高さんがブログを開設!といおうお話を聞いて、早速行ってみました。
こちらです♪
自筆のブログ、というのは珍しいと思います。
自分で描いた、という絵もあったりで、味のあるブログだなぁと一人うれしくなるだいじろう。
ちゃんと座布団にすわって、落語家さんの絵です。
更新が楽しみなブログが増えてとってもうれしいだいじろうです。

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ

まいご3兄弟(ちりとてちん)
昨日、NHKのドラマ「ちりとてちん」のスピンオフドラマ『まいご3兄弟』の完成試写及び会見が行われたそうです。
だいじろうもこのドラマを楽しみにしている一人です。
最初は関西だけの放送だったのですが、あまりの人気についに全国放送になりました。
7月25日(金)20:00~20:43 総合(関西ブロックおよび福井県)
7月27日(日)11:00~11:43 BS2
総合での全国放送は8月の予定だそうです。
まだまだと思っていたら、いつのまにかもうすぐです。
7月16日には「ちりとてちん メモリアルブック」も発売されます。
まだまだ楽しみが続く「ちりちてちん」です。

テーマ:ちりとてちん - ジャンル:テレビ・ラジオ

*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。