だいじろうの大好きな日々
だいじろうの大好きな演劇、テレビ、いろいろなことをつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三谷幸喜さん(笑っていいとも)
12月1日の「笑っていいとも テレフォンショッキング」のゲストは三谷幸喜さんです。
清水ミチコさんからの紹介です。
三谷幸喜さんのお話が大好きなだいじろうは今から楽しみです。
タモリさんとの掛け合いで面白さがより増しそうな気もします。
三谷幸喜さんは最近、舞台をしていたと思うのでそのお話でしょうか。
考えるだけでなんだかわくわくしてくるだいじろうです。
スポンサーサイト

テーマ:笑っていいとも! - ジャンル:テレビ・ラジオ

「男の尾行記録(『SCANDAL』)」(加藤虎ノ介さん)
お友達のブログでドラマ「SCANDAL」のHPのコーナーに加藤虎ノ介さんが!と知っただいじろうはいそいそと行ってみました。
そのコーナーは「男の尾行記録」。
”file NO.5”が加藤虎ノ介さんでした。
動画で実際にピアノを弾いている姿やそれに苦戦している様子、撮影の合間の1コマなど、内容は盛りだくさんでした。
久しぶりに素の加藤虎ノ介さんを見て、テンションがあがるだいじろう。
とってもうれしかったです。
動画は当分見ることができそうなので、良かったら皆さんも見てみてくださいね。

テーマ:気になる芸能人 - ジャンル:アイドル・芸能

NHKウィークリー「ステラ」11/22~11/28号(小澤征悦さん)
先週末、本屋さんに行った時のこと。
なんだか見られている気がしてはっと見ると、そこには小澤征悦さんが表紙のステラがありました。
うれしくなって、手に取っただいじろう。
大河ドラマ「篤姫」で演じた西郷隆盛の特集でした。
最初はどんな感じで演じるのかな~と思っていただいじろうですが、今ではすっかり役にはまっていると思います。
宮あおいさん演じる篤姫とは徳川家と官軍としてだんだん対立していくのですが、最初のころは交流もあり、攻めて行くのにも何か心に秘めたものがあるのでは・・と語っていました。
だいじろうもそのインタビューを読んで同じように感じました。
残念ながらこの小澤征悦さんが載っている号はもう本屋さんにないようです。
ステラは週刊誌なので、本屋さんにある期間が短いのですが、偶然にも小澤征悦さんの記事が読めて、うれしかっただいじろうです。

テーマ:大河ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

舞台「鉄人28号」
漫画「鉄人28号」をもとにした舞台がある、と聞いただいじろう。
それになんと池田成志さんが出演されるそうです。
「鉄人28号」は昭和30年代に横山光輝さんにより連載された漫画です。
脚本・演出は押井守さん、出演は南果歩さん、池田成志さん、ダイアモンドユカイさん、サンプラザ中野くんほか・・となっています。
実はだいじろうは「鉄人28号」のお話はなんとなくしか知りません。
でも舞台でどうやって鉄人28号が出てくるんだろう・・とか少年は南果歩さんが演じる・・と聞いただけで、この舞台に対する興味が沸いてきます。
なにより池田成志さんがどんな役を演じるのかが気になってたまりません。
細かいところがよくわからないので、これから出てくる情報を追っていきたいと思います。

東京公演:天王洲 銀河劇場 2009年1月10日~1月25日
大阪公演:梅田芸術劇場 シアタードラマシティー 2009年2月5日~
                                       2月8日
 
→チケットの詳細・購入はこちらから
チケットぴあ「鉄人28号」(大阪公演)



テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

ローソンチケットENTA版12月号
「ローソンチケットENTA版」12月号が出ていたのでもらってきました。
ピロクシー・ブルース」から主演の佐藤隆太さんとこの舞台が初舞台になる忍成修吾さんのインタビューがありました。
インタビューからは忍成さんの初舞台に対するドキドキ感と佐藤さんの意気込みがとっても伝わってきました。
忍成さんは少し前から舞台をやってみたい!と思っていたそうです。
最近、映像で活躍している俳優さんがそろそろ舞台も経験したいと思っていた・・・というお話をよく聞きます。
舞台と映像の垣根がますますなくなってきたな~とだいじろうは今回も実感しました。
大泉洋さんのインタビューも載っていました。
TEAM NACSの第13回公演「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」の作・演出をするそうです。
初めてのことだそうで、とても一生懸命な感じが伝わってきます。
5人の関係性のよさもにじみ出ていて、なんだかうらやましくなってきます。
この舞台もとても楽しみです。
連載では柳家花緑さんが「学校寄席」についてお話しています。
「学校寄席」とは小学校などに落語家さんが出張して落語を聞かせてくれることです。
人生で初めて触れるであろう落語が「学校寄席」になるかもしれない、とプレッシャーを感じつつ、一番テンションがあがるそうです。
そのお話がおもしろくなかったら、話を聞いた小学生達は一生、落語はおもしろくないもの・・と思うから・・・、とお話しています。
そういう出会いはとても大切だとだいじろうも思います。
だいじろうが初めて演劇に出会ったのも学校の「演劇鑑賞会」だったからです。
そのときのお芝居がとても素晴らしくて、演劇にとても興味を持ちました。
だから柳家花緑さんのお話に共感できました。
今回の「ローソンチケットENTA版」もとても読み応えがありました。
来月もまた楽しみにしたいと思います。

チケットの予約なら「ローチケ.com」

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

リチャード三世
あちらこちらの演劇雑誌でとりあげられている古田新太さん主演の「リチャード三世」。
いろいろと情報を見るにつれて、どんどんワクワクしてきます。
チケットぴあのニュースにも制作発表の様子がでていました。
演出のいのうえひでのりさんは「いつかはやりたい」と思っていたそうです。
雑誌でポスター取りの写真をいくつか見ましたが、主演の古田新太さんの姿が強烈で、舞台のイメージがわいてきます。
そしてだいじろうが楽しみなのは共演の安田成美さんです。
舞台は久しぶりだそうですが、とても素敵な女優さんで、古田さんと絡むとどういう感じになるんだろう、と楽しみになってきます。
公演は大阪公演が2008年12月22日~28日、シアターBRAVA!で。
仙台公演は2009年1月10日(土)~11日(日)、イズミティ21 大ホールで。
東京公演は2009年1月19日~2月1日、パルコ劇場で上演されます。


テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

Look at STAR 12月号
お友達にだいじろう好みの役者さんがたくさん載っている!と教えていただた「Look at STAR 12月号」を全部読みました。
とにかくインタビューや対談の人選が素晴らしくて、すみからすみまでじっくり楽しみました。
特に「昭和島ウォーカー」の粟根まことさん、福田転球さん、中山祐一朗さん、井ノ原快彦さんの対談は粟根さんの仕切りっぷりがいいな~と思いつつ、発見があったりで、おもしろかったです。
池田成志さんと宮藤官九郎さんの対談は2人の雰囲気をとても感じることができました。
舞台「七人の恋人」のお話が中心でした。
あとは、白井晃さん、高泉淳子さん、陰山泰さんたちの「ア・ラ・カルト~役者と音楽家のいるレストラン」の話もおもしろかったです。
この舞台は20周年を迎えるそうで、白井さんたち3人がずっと積み重ねてきたものが感じられる対談でした。
これはぜひ見てみたいな、と思いました。
他には森山未来さん、加藤雅也さんにインタビューなどがありました。
久しぶりに「Look at STAR」を買ったのですが、ずいぶん変ったように思いました。
よりだいじろう好みになったような気がします。
対談やインタビューが舞台を中心に活躍している方が増えてきたからです。
これからは欠かさずチェックしていきたいと思います。

Amazonで「Look at Star」を購入する

 

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

山口祐一郎さん(スタジオパークからこんにちは)
11月12日に放送された「スタジオパークからこんにちは」のゲストは山口祐一郎さんでした。
この日をとっても楽しみにしていただいじろう。
仕事だったため、ビデオ予約していたものの、朝からずっとそわそわしていました。
そして先ほど、見ることができました。

大歓声に迎えられて、スタジオに登場する祐一郎さん。
ハイタッチをしつつ、移動した後は、まずは大河ドラマ「篤姫」のお話からでした。
祐一郎さんが演じている島津久光は怒っているシーンが多いということで、実際にお怒りのシーンも見ることができました。
その後は普段、どんな風に過ごしているか、というタイムスケジュールも公開されました。
舞台の後は、おうちに帰ってから徐々に照明、音楽なども取り入れてクールダウンしているそうです。
司会の武内陶子アナにいろいろなことを突っ込まれてたじろぎながらも、祐一郎さん独特の調子でお話を聞かせてくれました。
最後は、ファンの方からのメッセージにいろいろな動きを加えて(笑)答えていました。
久しぶりに見ることができた祐一郎さんの姿がとってもうれしい時間でした。

テーマ:好きな芸能人。 - ジャンル:アイドル・芸能

プラスアクト.18(2008)
先日本屋さんに行った時、思わず手に取った本が「+act. 18 (2008)」です。
表紙の小栗旬さんの表情がなんとも言えなくて・・・。
特集のページも一気に読みました。
小栗旬さんのインタビューが中心なのですが、小栗さん自身の言葉がなんとなくだいじろうにつきささるような感じでした。
小栗さんの心の中の本当の言葉を引き出すようなインタビューだと思います。
読んでいてとても考えさせられました。
実はこの「+act(プラスアクト)」という本は今回初めてきちんと読んだのですが、こんなにいい本が、だいじろう好みの本があったんだ!と読みながら、うれしくなりました。
俳優さんを取り上げた本なのですが、他にも上川隆也さん、水嶋ヒロさん、内野聖陽さんのインタビューなどがあり、夢中で読んでしまいました。
これからは毎号チェックしたいと思います。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

キネマ旬報11月下旬号(堺雅人さん)
キネマ旬報 2008年 11/15号 [雑誌]」では「実存演者・堺雅人・考」と題して、堺雅人さんを特集していました。
今年は出演した3本の映画が公開されたり、大河ドラマ「篤姫」の徳川家定が好評だったりと、波に乗っている感のある堺さん。
かかわった監督さんなどのインタビューも交えながら、堺さんの人柄を浮かび上がらせていました。
出演作品を見ていくと、テレビ、映画、舞台と活躍の幅がずいぶんと広いんだな~とあらためて思います。
だいじろうは堺さんのほんわかとした演技がとても好きです。
でも「クライマーズ・ハイ」のするどい演技にはびっくりしたものの、演技の幅を感じて、あらためて素晴らしいと思いました。
ぜひ1度、舞台の上の堺さんを見に行ってみたい、というのが今のだいじろうの一番の願いです。

テーマ:気になる芸能人 - ジャンル:アイドル・芸能

「龍馬伝」(福山雅治さん)
11月6日に2010年度の大河ドラマ「龍馬伝」の主演が福山雅治さんに決まったと発表されました。
もちろん坂本龍馬の役です。
これを見た瞬間、だいじろうは「似合う!」と思いました。
なんとなくだいじろうの中の龍馬像と福山雅治さんは近いものがあるのです。
でもびっくりもしました。
福山さんと大河ドラマというのが、今まで結びつかなかったからです。
いいところをついていると思います。
坂本龍馬の話というだけでも、楽しみだったのが、さらに福山さんの演技を見る楽しみも加わりました。
脚本は「ガレリオ」や「容疑者Xの献身」を書いた福田靖史さんです。
そのほかの詳しいことや他の出演者はまだわかりませんが、わくわくして大河ドラマを見られるのは間違いなさそうです。

テーマ:大河ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

堤真一さん(僕らの音楽)
10月30日(金)の「僕らの音楽」は福山雅治さんと堤真一さんの対談でした。
福山さんが堤さんと対談したいと希望したそうです。
その理由は「お酒を飲まずにはなしたいから・・・」と笑って話していました。
2人は福山さんが主演している「容疑者Xの献身」で共演しています。
番組は福山さんが堤さんに質問する形式で進んでいきました。
堤さんの俳優という仕事に対する思いを聞いていくという感じでしたが、終わりのほうにはなぜ結婚しないのか・・という話もありました。
福山さんいわく、結婚しないのではなく、できないのでは?ということでしたが、家でも一生懸命仕事をしてしまうので、それを理解してもらわないと・・・と答えていました。
これは福山さんも同じだそうです。
お互いの女性観なども話していて、とても興味深かったです。
真剣に話し込んでいて、できれば放送されなかった部分も全部聞いてみたかったな~と思いました。
かっこいい2人が並んで話しているので、ついつい画面に見とれてしまって、話を聞き逃しているところのほうが多いような気がするので、あとからもう一度じっくり話を聞きながら見てみます。

テーマ:気になる芸能人 - ジャンル:アイドル・芸能

山口祐一郎さんの放送日(スタジオパークからこんにちは)
ちょっと前の「山口祐一郎さん」の記事でお知らせした「スタジオパークからこんにちは」の出演。
結局、録画になってしまって放送はされませんでした。
その後ずっと待っていましたが、やっと放送日がHPにアップされていました。
11月12日(水)です。
約1ヶ月遅れの放送となりました。
「篤姫」に出演しているのだからそんなに遅くはならないだろう・・・とは思っていましたが、やっと・・・・です。
まずは予約を忘れないようにしたいと思います。
どんなお話が聞けるのでしょうか。
いまからとっても楽しみです!

テーマ:気になる芸能人 - ジャンル:アイドル・芸能

*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。