だいじろうの大好きな日々
だいじろうの大好きな演劇、テレビ、いろいろなことをつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DRACULA(Studio Life)
1年間、待ちに待った日がついにやってきました。
Studio Lifeの公演に行ってきました。
今回は席もよく、舞台が良く見え、役者さんの顔もしっかり見えました。
前半は楽しいシーンもところどころあったのですが、後半はドラキュラ伯爵の孤独感がとても伝わってきて、伯爵が現れるたびに胸が熱くなりました。
CS放送で以前のものを見てはいたのですが、やはりその場で見ると臨場感がぜんぜん違います。
とにかく全てを見落とさないようにと一生懸命くいいるように舞台を見つめていました。
アンコールでの役者紹介もみなさん、地域ネタをおりまぜながらお話してくれて、とても楽しかったです。
本当に一年間待ったかいがありました。
以下はだいじろうの細かい感想です。
もしよかったら見てくださいね。
まず最初のシーンは及川健さん演じるミナと吉田隆太さん演じるルーシーが出てきます。
ミナはとても意志が強そうでしっかりした女性という感じです。
一方のルーシーはかわいらしい感じです。
その後ある意味期待の3人の登場です。
曽世海児さん演じるセワードはめがねが似合って動きがなんだか笑えます。
そして山本芳樹さん演じるキンシーです。
かなりの覚悟はしていたのですが、笑いました。
歌もよかったです。
ただ声をつくっていたのが残念でした。
芳樹さんの声がとても好きなんです・・・。
でも姿も声もつくることでいつもの芳樹さんのイメージを消していたのかもしれませんね。
笠原浩夫さん演じるアーサーはかわいかったです。
ルーシーに肩をたたかれて「痛いよ~」といっているのがなんともいえずよかったです。
篠田仁志さん演じるレンフィールドは本当にすばらしかったです。
乱れた髪の間から瞳が見えたのですが、その瞳が狂気をおびて、でもとても強いまなざしで・・・。
松本慎也さん演じる女中さんを見たとき、だいじろうはどきどきしてしまいました。
もうあまりにもかわいくて・・。
思わず抱きしめたくなりそうです。
ルーシーが徐々に吸血鬼になっていくところは見ていて、せつなかったです。
とくに血だらけのネグリジェを着て帰ってきたところをアーサーに見られ、自分の血だらけの袖を見たときの表情は胸が締め付けられるようでした。
姜暢雄さん演じるジョナサンは若い、という感じで颯爽としていました。
岩崎大さん演じるドラキュラ伯爵。
最初はわりとたんたんとしている、という印象だったのですが、話が進むにつれ、どんどんせつなく、孤独感が増していきます。
マントさばきも素敵で長身に映えていたような気がします。
ジョナサンがトランシルバニアに向かう、駅のシーン。
出てくるみんなの演技を絶対見逃さないよう、かなり注意深く見ていました。
でもいろいろなところでいろいろなことをしているので全部気になってしまって・・・。
やはり舟見さんの手の動きの色っぽさでしょうか。
あと三上俊さんが密かに一人読書しているのも気になりました。
お城でのジョナサンはどんどん追い詰められていきますが、そのときの姜さんの恐怖にゆがんだ顔がリアルで見ていて息を飲むようでした。
魔女たちが出てきて、伯爵が戻ってきたとき、自分の正体がジョナサンにばれるのが嫌で躊躇していた様子はジョナサンへの思いが伝わってきました。
このあたりから伯爵の孤独感がすこしづつ伝わってくるようになりました。
魔女の3人はもう見事でした。
石飛幸治さんも林勇輔さんも青木隆敏さんもすごくて目が吸い寄せられていきます。
だいじろうは特に石飛さんの魔女が大好きです。
なんだかごつさが逆にいい感じで・・・。
後半になりみんなが伯爵を追い詰めていくと、伯爵の孤独感がそれに比例するように増して行きます。
伯爵が舞台に出るたびにだいじろうはあまりの孤独感に胸が熱くなり涙も出そうでした。
ツガニー人とのアクションは姜さんのアクションがキレがあって、動きも良く、見とれていました。
そして伯爵が死んでいくシーンでは、その後息絶えるキンシーにみんなが集まり、悲しむことで余計に伯爵の孤独感が増したように思えました。
後ろでひっそりとマントの下で小さくなってしまった伯爵はそれでもジョナサンの手にかかったことで幸せを感じたのでしょうか。
最後のシーン、ジョナサンの首筋に子供であるキンシーが噛み付いたときです。
恐怖に顔をゆがめるジョナサンを、後ろから見つめる伯爵がぼんやり見えます。
そこでだいじろうはこれで伯爵の気持ちは、ある意味成就したのだ、と思いました。

アンコールは役者さんそれぞれが挨拶をしてくれました。
みなさん、お好み焼きを食べたことを報告してくれたり、市内電車の話をしてくれたり。
一人一人、じっくりお顔が見れて、声を聞くことができて、だいじろうはとても満足でした。
これでまた1年がんばれます。
来年もきっと来てくれると信じて、応援していきたいと思います。


コメント
この記事へのコメント
楽しかったですね
だいじろうさん
昨日はお話できて嬉しかったです。ありがとうございました。
舞台はすごくよかった!後から後からいろんな思いが出てきます。
またお会いしてライフ語りしましょうね。
2006/04/04(火) 09:16:18 | URL | ミモザ☆ #-[ 編集]
こちらこそ!
私もお会いできて、本当にうれしかったです。
こちらこそありがとうございました。
舞台を見て、感想をお友達と話すと言う経験を初めてしたのですが、本当に楽しかったです。
いつも一人で行って、一人で思い出しながら帰るというかんじだったので・・・。
これからもぜひぜひよろしくお願いします。
またお会いしましょう!
2006/04/04(火) 11:24:27 | URL | だいじろう #yrTdUdco[ 編集]
昨日はありがとうございました!!
静です。
昨日はいろいろお話できて楽しかったです。全然面識のない私にも優しく接していただいて嬉しかったです☆ありがとうございました!!
舞台、本当に良かったです。
岩崎ドラキュラの白目が忘れられません…
それでは、また会っていろいろお話してくださいませ☆
2006/04/04(火) 18:07:24 | URL | 静 #-[ 編集]
びっくり!でしたね
昨日はお会いできてうれしかったですよ。
お住まいのところが私の実家近くとの事、何かのご縁を感じました。

だいじろうさん、すごく鮮明に覚えてらっしゃって感心しました。
私ってばいつもそのときのストーリーを追うのが精一杯で後で振り返ってみても全然覚えてないんですもの。
だいじろうさんのお陰でだいぶ思い出せました!ありがとうございます。

また次回公演でもお会いしましょうね!
私はまたおまけ付きでしょうけど、よろしくお願いします。
2006/04/04(火) 18:49:58 | URL | ゆみりん #-[ 編集]
レポ☆ありがとうございます
だいじろうさま
こんばんは。
地方公演には行かれない私はレポを、とっても楽しく読ませていただきました。
篠田さんもお元気そうで。。。しかもさらにレンフィールドに入り込んで
がんばっていたと知って、ファンとしてホッとしました。
素のキラキラの瞳をレンフィールドに入った途端に
暗く澱んだ鋭い眼差しに変えてしまう篠田さん。
ヴァンパイアの目線、行動になりきっている岩崎さん。
こんな姿はなかなか拝見できないだろう陽気な山本さん。
舞台を拝見していると、本当に役者さまってすごいなぁ。。。と実感いたしますねっ。
2006/04/04(火) 23:37:13 | URL | Azu #mkAYN.BA[ 編集]
>静さん
この間は本当にありがとうございました。
たくさん、お話できてうれしかったです。
またぜひご一緒できれば・・・。
そしてライフで盛り上がりましょう!
また遊びに来てくださいね。
2006/04/06(木) 10:00:04 | URL | だいじろう #yrTdUdco[ 編集]
>ゆみりんさん
先日は本当にありがとうございました。
ご実家はかなり近いようで本当にびっくりでした。
レポ、初めてがんばってみました。
いつもはよかった!の一言で終わってしまうのですが、挑戦してみようと思って・・・、寝ると忘れるので、寝る前に書きました。
なので興奮がそのまま出ていて、恥ずかしいのですが・・。

ゆみりんさんが、お子さんと見ているのを見て、私も8年後くらいには・・と夢を持つことができました!
ありがとうございます。
またご一緒できるのを楽しみにしています!
2006/04/06(木) 10:03:54 | URL | だいじろう #yrTdUdco[ 編集]
>Azuさん
こちらこそ、いつもAzuさんのレポで楽しませていただいてます。
前髪の隙間から篠田さんの瞳が見えたときには、本当にぞくっとしました。
他のみなさんも本当に素敵で・・・。
できることならもう一度見たいです。
また遊びに行かせてくださいね。
2006/04/06(木) 10:07:28 | URL | だいじろう #yrTdUdco[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://daijirou.blog47.fc2.com/tb.php/102-1b6c2b2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。