だいじろうの大好きな日々
だいじろうの大好きな演劇、テレビ、いろいろなことをつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新選組血風録(司馬遼太郎さん)
子母澤寛さんの「新選組三部作」を読んで以来、どうしても新選組に目がいってしまうだいじろうです。
この本は新選組、幕末に関する短編集です。
ひとつのお話で一人の人物をとりあげ、その人にまつわるお話が丁寧に描かれています。
これをよんでいると、当たり前のことですが、一人の人にはそれぞれ本当にいろいろな出来事があり、その人生をあまりにも簡単に終わらせてしまう新選組という組織はある意味では怖いものだとも思います。
新選組というひとくくりでついつい考えがちですが、その中には大勢の名もなき人たちがいて、それぞれの人生を過ごしていたのだと感じました。
その一人一人の人生が透けて見えることがまた新選組という組織の魅力となっているのかもしれません。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://daijirou.blog47.fc2.com/tb.php/153-546c7c47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。