だいじろうの大好きな日々
だいじろうの大好きな演劇、テレビ、いろいろなことをつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
功名が辻第23話「本能寺」
今までいろいろな織田信長への思いを飲み込んできた明智光秀がついに挙兵して、本能寺にいる信長を討ちます。
一方の信長は妻の濃姫と久しぶりに心を通わせますが、結局はそれが最後になってしまいます。
信長の妻、濃を演じたのは和久井映見さんです。
坂東三津五郎さん演じる光秀とは幼馴染で今も密かにおたがいを思い続けているという2人ですが、結局最後はその光秀の前で鉄砲で撃たれ死んでいきます。
実はだいじろうは濃姫の最後を今までしりませんでした。
斉藤道三の娘で信長の妻、ということはよく知られていますが、最後がどのようなものだったのかは聞いたことがありませんでした。
一時は信長から心離れていくのですが、最後は夫婦としてもう一度心を通わせ、そして一緒に死んでいったのが、なんだかせつなくて、だいじろうはテレビを見ながら悲しくなってしまいました。

テーマ:功名が辻 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
そうでしたか
私も濃姫の最期を知りませんでした。
そうでしたか、信長とともに果てたのでしたか。人を人とも思わぬような所業もあった信長ですが最期に傍にいたのが妻であったとは感慨深いです。
濃姫も、戦国の女として強い賢い女性だったと聞いています。信長の才気と強さに惹かれていたことも強ち間違いではないと思うんですよ。
2006/06/29(木) 17:25:53 | URL | ミモザ☆ #-[ 編集]
実は諸説が・・・
だいじろうさん、こんばんは~
「濃姫」に関しては諸説がありますね。嫁いだ頃の記述は残っているようやけど、それ以降の史料が残ってなくて、謎の多い女性なんですね。早くに夫婦仲は冷めていて離婚したとも言われてます。
本能寺で最後に一緒にいたというのは歴史小説の世界で、史実としては信憑性は低いようですよ。
信長は側室の数も少なめで、秀吉に比べると女性に対してロマンや愛なんてのを感じるような人ではなかったみたいですね。
家康も恋愛には冷めた印象があるんやけど、戦国時代の武士はそれどころではなかったんでしょう。
秀吉だけは、側室がお市の娘であったり、他の武士の未亡人であったりとかにぎやかなんやけど、多分、子宝に恵まれなかったことが理由ではないかと・・・

2006/07/01(土) 01:31:44 | URL | まっちゃん #CKyOUH4I[ 編集]
>ミモザ☆さん、こんにちは!
舘ひろしさん演じる信長はエキセントリックな部分が強くて、だからこそ和久井さん演じる濃姫に心許す姿が際立つ感じがしてなんだかよかったです。
一豊と千代のようにおしどり夫婦というわけではなかったでしょうが、苦しみながらも夫を理解していこうとする濃姫も素敵だと思いました。

>まっちゃん、こんにちは!
そうですか・・。やっぱり濃姫は謎の(?)人なんですね。
若い頃のお話はいろいろと見ましたが、その後はまったく知りませんでした。
今回の濃姫の最後はもしかしたら、後の時代の人の希望的な最後だったのかもしれませんね。
信長、家康はたしかに女性関係の話はあまり聞きませんね。
秀吉はたくさん聞きますが・・・。
ほんとそれどころではなかったのかもしれませんね。
徳川の時代になってからの将軍様たちはけっこう側室が多い人とかいますし。
こうやって、どうだったのかな~と昔を考えるのが実は大好きです。
2006/07/01(土) 10:47:28 | URL | だいじろう #yrTdUdco[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://daijirou.blog47.fc2.com/tb.php/163-fdffdedc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。