だいじろうの大好きな日々
だいじろうの大好きな演劇、テレビ、いろいろなことをつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
功名が辻第31話「この世の悲しみ」
「この世の悲しみ」。
今回のお話は、まさしくこの題名とおりのお話です。
一豊と千代はいよいよ長浜城の主となり、お城に引っ越します。
家康が上洛しないという秀吉の悩みはあるものの、戦もなく、山内家の人たちにとっては少し落ち着いた日々が過ぎていきます。
けれど、ある日大きな地震が長浜をおそい、一人娘のよねが亡くなってしまいます。
これを見てだいじろうは号泣してしまいました。
なかなか子どもができず、ようやくできた一人娘。
そのよねもずいぶん大きくなり、千代に密かに叔父の康豊のお嫁さんになりたい・・と打ち明けます。
けれど地震によって、建物の下敷きになって亡くなってしまいます。
仲間由紀恵さん演じる千代は半狂乱になってしまいます。
見ていて母の気持ちがとても伝わってきました。
前向きな千代なので少しずつ立ち直っては行くのですが、細川家の玉(ガラシャ夫人)に南蛮寺であい、お互い励ましあって前を向いて生きていく気持ちになります。
いつも明るい元気な千代ですが、今回のことは本当につらく悲しそうで、見ていてもとてもつらかったです。
この先、どうなっているのかわかりませんが、これ以上つらいことが起きて欲しくないと思います。

テーマ:功名が辻 - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://daijirou.blog47.fc2.com/tb.php/218-f77f3816
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。