だいじろうの大好きな日々
だいじろうの大好きな演劇、テレビ、いろいろなことをつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戯曲集
だいじろうが演劇に興味を持ち出して、最初に手にとった本は「演劇ぶっく」という雑誌でした。
高校生だっただいじろうに当然東京・大阪まで遠征する勇気もお財布もなかったのでとにかく本から情報を得ようと思ったのです。
その雑誌からさらに戯曲というものの存在を知りました。
早速手にとって見ると中はせりふとト書きで構成されています。
どうだろうと思いつつ、読んでいたのですがすっかり虜になりました。
かなりの数を読みましたがその中でもだいじろうが特に魅了されたのはつかこうへいさんの「飛龍伝」と鴻上尚史さんの「天使は瞳を閉じて」です。
せりふがおぼえられそうなくらい何度も読みました。
その後「天使は瞳を閉じて」はテレビで見ることができました。
「飛龍伝」はかなり待ちましたが、2003年に観に行くことができました。
特に「飛龍伝」は待ち望んでいたし、しばらく観劇から遠ざかっていただいじろうの観劇復帰第1作となったのでとても思い出深いものとなりました。


飛龍伝

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
ふむう
>「飛龍伝」と「天使は瞳を閉じて」

どちらも積ん読していました。
この記事を読んで、早く読まねばという思いを新たに。
ありがとうございます。
2006/02/03(金) 23:42:28 | URL | Yonda? #-[ 編集]
ぜひ
Yonda?さん、こんにちは!
ぜひぜひこの2つは読んでみてくださいね。
とてもよかったです。
舞台が見られないのが非常に残念ですが・・・。
また遊びに来てくださいね。
2006/02/04(土) 17:04:04 | URL | だいじろう #yrTdUdco[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://daijirou.blog47.fc2.com/tb.php/29-2c82e97a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。