だいじろうの大好きな日々
だいじろうの大好きな演劇、テレビ、いろいろなことをつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
演劇ぶっく2月号
1月の始めに発売だった「演劇ぶっく 2月号」。
うっかりしていて、1月20日ごろに買いに行ったら、お店にありませんでした。
びっくりして、他のお店に行ってもありません。
どうしたのかな・・・と思って、HPを見てみたらい、「完売」の文字が・・・。
とても驚きました。
結局、何件も本屋さんをめぐって、ようやく1冊だけ残っていたのを見つけたときにはとてもうれしかったです。
表紙はラーメンズの小林賢太郎さんです。
幻想的な雰囲気でインタビューのページの写真も博物館でとった、ということでとても素敵な写真でした。
こんなにたくさん、じっくりと小林さんのお話を読んだのは初めてだったかもしれません。
とてもおもしろくて、ステージに対する思いも素晴らしくて、次回のポツネンがとても見たくなりました。
そして「TAKEOFF」を見なかったのがとてももったいなく思いました。
それに気づけただけでも今回のインタビューを読んだ価値があったと思います。
これからの活躍を楽しみにしていきたいです。
ロングインタビューはヨーロッパ企画の上田誠さんでした。
ヨーロッパ企画の名前は「サマータイムマシン・ブルース」が映画になったときに、知ったのですが、お芝居自体を見たことがないので、逆に新鮮な気持ちでインタビューが読めて、おもしろかったです。
次号は必ず、発売したらすぐに買おうと思います。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://daijirou.blog47.fc2.com/tb.php/434-b8435eba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。