だいじろうの大好きな日々
だいじろうの大好きな演劇、テレビ、いろいろなことをつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダブリンの鐘つきカビ人間
何ヶ月も楽しみにしてきた「ダブリンの鐘つきカビ人間」。
今日、観て来ました。
期待が大きかった分、どうだろうという気持ちもあったのですが、
それを裏切らないとてもおもしろい作品でした。
後藤ひろひとさんの作品は初めてだったので不安もあったのですが、
最初からその不安は吹き飛ばされました。
とにかくテンポがよく、たくさんの笑いと切なさと悲しみが入り混じったお話でした。
姜暢雄さんは声がかすれていて、ちょっと心配でしたが、情けないながらも愛嬌のある聡を演じていました。
及川健さんは私の知らない男っぽい、でも人間くさい天使を演じていました。
池田成志さんは期待通りの怪しくて、いやらしい市長を演じていました。
笑いの中心になることも多くて、なんだかうれしかったです。
他の役者さんたちもみな素晴らしく、だいじろうに新たな楽しみをくれました。
特に後藤ひろひとさん。
この人の作品を、もっと、もっと観たいと思いました。
次の作品が今からとても楽しみです。

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://daijirou.blog47.fc2.com/tb.php/46-6affe75f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。