だいじろうの大好きな日々
だいじろうの大好きな演劇、テレビ、いろいろなことをつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
舞台「冬の絵空」見てきました
先日、舞台「冬の絵空」を見に行きました。
どうしても見たくて、でも見にいけなくて・・・が急に見に行けることになったので、心の準備期間も短くて、期待感だけが異常に高まっている状態でした。
でもその期待を上回るくらい素晴らしい舞台でした。

ネタばれになってはいけませんので、感想は折りたたみますね。


  

最初のシーンからなにか圧倒される空気が流れていましたが、低音でしゃべる中越典子さんの声がとてもよかったです。
中越典子さんは以前、舞台で見たことがあったのですが、その時にくらべて、声もお芝居もずいぶんとよくなっていたように思います。
忠臣蔵のお話ということで、なんとなく真面目な感じなのかな、と思ったけれど、実際は笑いもたくさんあって、でもだから余計に重い部分が心に響くお話でした。
天野屋役の生瀬勝久さんをまずは楽しみにしていたのですが、その期待に充分こたえるくらい、おかしくて、ずるがしこくて、とてもよかったです。
吉良役の粟根まことさんもしっかり笑いを誘っていました。
腕立てしたり、逆立ちしたり、素晴らしい身体能力の高さを披露していましたが、不思議な感じのなよっとした吉良はツボにしっかりはまりました。
藤木直人さんは地方ネタでコマーシャルで有名な歌を歌ってくれました。
初舞台だし、雑誌のインタビューなどで、不安な気持ちを口にしていましたが、カーテンコールの感じからして、舞台を楽しんでいたようで、見ていてとてもうれしくなりました。
だいじろうが一番、心にきたのはラストシーンの橋本じゅんさんです。
鳥肌がたちました。
愚直で運命に翻弄されている大石内蔵助でしたが、その悲しさがしっかりと伝わってきたラストシーンでした。
ひとつ残念だったのは2階席だったため、おそらくは突っ込みどころ満載だっただろう、細かい部分がほとんど見えなかったことです。
オペラグラスも持っていないので、役者さんの顔がはっきり見えなくて、今まで見たことある人や雑誌とかでよく見る人はだいたいわかったのですが、いろいろな役を何役もやっていた部分が、誰が誰だかよくわかりませんでした。
それ以外はとても楽しめました。
見に行って本当によかったです!

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
日舞のお稽古日に重なっったこともあって残念ながら観れなかったので
ご感想ありがたいです。
私も中越さんのお芝居結構好きなんですよ。
今年のラストにいい観劇をなさったようでよかったですね。
今年も一年お世話になりました。
なかなかお会いできなかったのが心残り。
どうぞよいお年をお迎えくださいね。
2008/12/28(日) 01:04:36 | URL | ミモザ☆ #-[ 編集]
>ミモザ☆さん
中越さん、時代物にとってもあっていました。
声につやも出ていて、とってもよかったですよ!

1年、本当にお世話になりました。
またぜひまたお会いしたいですね!
来年もよろしくお願いします!
2008/12/28(日) 10:27:57 | URL | だいじろう #yrTdUdco[ 編集]
観たかった(>_<)
やっぱり観たかった、
前日まで悩んでたんですが、
年末で飲み会が多く、金欠であきらめました(T_T)
じゅんさんは真面目な演技をされてるときのあの眼が好きなので、とっても見たかったです!
今年も結局お会いできなくて残念でした。
来年こそはご一緒に舞台が観れることを期待してます。
来年もよろしくお願いします!
2008/12/31(水) 08:19:47 | URL | ray #-[ 編集]
>rayさん
じゅんさん、ほんと素敵でした。
まじめな役もとっても似合いますね。
rayさんと来年こそはお会いしたいです。
そして一緒に観劇できたらいいですね!
来年もお願いします!
2008/12/31(水) 10:01:52 | URL | だいじろう #yrTdUdco[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://daijirou.blog47.fc2.com/tb.php/537-73d9be86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
*無料 アクセス解析
*太陽光発電
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。